(C)2022 『異動辞令は音楽隊!』製作委員会

 阿部寛が主演する映画『異動辞令は音楽隊!』(8月26日公開)で清野菜名が演じる来島春子を写した新たな場面写真が解禁された。

 内田英治監督が、YouTubeで偶然目にした警察音楽隊のフラッシュモブ演奏の映像から着想を得て描いたオリジナル脚本。犯罪捜査一筋30年の鬼刑事で、突然警察音楽隊へ異動辞令を命じられる成瀬司を阿部寛が演じる。

 清野が演じる春子は、阿部寛演じる成瀬が異動を命じられた警察音楽隊でトランぺットを担当する交通課の音楽隊兼務隊員。夫とは別居中で、幼い息子をひとりで育てている。

 音大を卒業し、警察音楽隊を志望し警察になった春子に対し、望まず音楽隊へ異動を命じられ練習にも気もそぞろで隊員たちとも険悪な関係に陥る成瀬に嫌悪感を抱いていたが―。

 解禁された場面写真では、息子とともにトランぺットの練習に励む姿や警察音楽隊の制服姿、成瀬とセッションする姿などを捉えている。

(C)2022 『異動辞令は音楽隊!』製作委員会

 春子は、まだ幼い息子の母親、警察音楽隊の隊員、交通課勤務という“3役”を懸命にこなす役柄で、アクションからコメディ、演技力を求められるドラマまで、幅広い役を演じてきていた清野ならば担えるのではと考えキャスティングされたという。

 また、音大出身のトランぺッターという設定から、音楽の素養も見た場合、ギターやベース、ドラムなど一通りこなせる清野は適任だった。「春子の真っ直ぐなひたむきさが、トランペットの練習に一途に取り組む清野さんご本人に重なるところがありました」とプロデューサーは指摘する。つまり、清野本人の努力が春子役に通じる。

 仕事も音楽も育児も両立させたいけれど、なかなかうまくいかないというのが社会の実情とするならば、内田監督はそれを描きたかったという。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)