『WOWOWオリジナルドラマ DORONJO/ドロンジョ』、池田エライザが“ドロンジョ”泥川七音を演じる(WOWOW)

 池田エライザ主演で、『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』の人気キャラクター・ドロンジョの過去を全く新しい視点から描く、タツノコプロ創立60周年記念『WOWOWオリジナルドラマ DORONJO/ドロンジョ』(全11話)が10月7日から放送・配信されることが決まった。それに伴い、第一弾予告映像が解禁となった。

 【動画】『WOWOWオリジナルドラマ DORONJO/ドロンジョ』第一弾予告

 本作は、『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』を原作に、池田演じる主人公・泥川七音(どろかわ・なお)が、ドロンジョとして悪に手を染めることになるまでの知られざる過去や壮絶な生き様を描いたダークエンターテイメント。脚本を喜安浩平ほか、監督を内藤瑛亮、横尾初喜が担当する。

 正義の味方:ヤッターマン1号・2号と対峙する敵役であり、キュートでセクシーなビジュアルや少し間抜けで憎めないキャラクターであるドロンジョは、男性のみならず女性にもファンが多いが、本作ではイメージを一新。過酷な境遇に置かれながらも必死に生きる、切なくも美しい孤高の存在として登場する。

 そんな全く新しい“令和のドロンジョ”を池田が演じることを発表した際には、格闘技スタイルに機械式の“義足”をまとった池田のビジュアルが大きな話題となり、ヴェールに包まれた物語や設定に続報を待つ声も続出。そしてこの度、満を持して、本編映像の一部が初公開となった。

 ある悲劇によって絶望する七音の悲痛な叫び、涙、葛藤、そして苦しみの先に見つめる未来…。池田演じる主人公・七音が悪に墜ちていく壮絶な過去がちりばめられた予告映像の中には、いまだ謎に包まれている“最終形態のドロンジョ”や、原作アニメでおなじみのキャラクターたちにまつわるヒントが隠されている!?

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)