[写真]三代目JSB最新アルバム初週売上50万8000枚

初週売上50万枚を超えた三代目JSB「PLANET SEVEN」

 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのニューアルバム『PLANET SEVEN』(1月28日発売)が発売初週で50万8000枚を売り上げ、2月9日付オリコン週間アルバムランキングで首位に初登場。

 三代目JSBにおけるアルバム首位は、『MIRACLE』(2013年1月発売)、『THE BEST/BLUE IMPACT』(2014年1月発売)に続き3作連続、通算3作目。

 男性アーティストによるアルバムの初週50万枚突破は、嵐『THE DIGITALIAN』(初週66万枚・昨年10月発売)以来で今年は初めて。

 また、自身としては発売初週にして最高累積売上記録となり、アルバム『THE BEST/BLUE IMPACT』(昨年1月発売)が58週かけて記録した36万1000枚を更新した。

 『PLANET SEVEN』には、2014年レコード大賞受賞曲「R.Y.U.S.E.I.」を始めとする2014年の「春夏秋冬」4部作、新曲「Eeny, meeny, miny, moe!」、今市隆二、登坂広臣のソロバラード2曲などが収録されている。

この記事の写真
[写真]三代目JSB最新アルバム初週売上50万8000枚

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)