『Ray』の専属モデルに決まったNMB48新澤菜央

 NMB48の新澤菜央(しんざわ・なお)が、女性ファッション誌『Ray』の専属モデルに決定した。48グループのメンバー23人が参加した『48グループ×Ray専属モデルオーディション』で勝ち抜いた。

 “しんしん”の愛称で親しまれる、TeamNの新澤。アイドルとモデルを両立した先輩で卒業生の吉田朱里に憧れてグループに加入。特に『Ray』モデルへの憧れは「人一倍強かった」という。

 その夢を叶え喜びもひとしお。「皆さんに認めていただけるモデルになれるよう精一杯がんばりますので、これからよろしくお願いします」と意気込んだ。

 この企画には、48グループから全23人が参加。予選を前後半に分けて、前半にはSKE48(5人)とSTU48(5人)が参加。後半にはNMB48から13人が参加した。

 「Ray」に封入されているハガキによる投票とライブ配信&動画アプリ「ミクチャ」での配信審査を行い、決勝には9人が選出。その後4人が「Ray」編集部との最終面談に進み、新澤が選出された。

新澤菜央:コメント

 この度Ray専属モデルに就任しました!!!!

 #Ray専属モデルオーディションを最後まで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました!!!

 初めはファンの皆さんのお力を借りることを申し訳なく思っていたのですが、皆さんが背中を押してくださり本気でオーディションに挑もうと決意することができました!

 なので応援して下さった皆さんにいいご報告ができ、本当に嬉しいです!!!

 私はNMB48に加入する前からファッションが大好きでファッションのこだわりだけはずっと曲げたくないと思っていました。

 そしてNMB48に加入してから写真を撮られることやファッションで自分を表現することの楽しさを知り、ファッション誌の専属モデルになりたいと強く思うようになりました。

 私は吉田朱里さんのアイドルとモデルを両立している姿に憧れてNMB48に入ったので、特にRayモデルへの憧れは人一倍強かったです。

 「あざとかわいさ」を武器にどんな人でもファッションを楽しめるということを伝えられる親近感のあるモデルさんになりたいです。

 スケジュールの都合で、今回札幌コレクションに出ることができず大変残念ですが、またいつか自信をもってランウェイにも立たせていただけるように自分を磨いていきます。皆さんに認めていただけるモデルになれるよう精一杯がんばりますので、これからよろしくお願いします。

新澤菜央:プロフィール

 1998年8月2日生まれ。兵庫県出身。2018年にNMB48の6期生として加入。23rdシングル「だってだってだって」にて初選抜。2022年に行われたファン投票企画「NAMBATTEL2〜愛〜」では14位となり次作27thシングル選抜入りも決定している。ラジオ関西「しんしんとゆずのガールズ☆ト〜ク」にレギュラー出演。5/29まで明治座で行われている吉本新喜劇とNMB48がコラボした本格ミュージカル「ぐれいてすと な 笑まん」に出演中。ニックネームは“しんしん”。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)