5月21日、日本武道館で『iCON Z 2022 ~Dreams For Children~』が開催された。本公演は、『~夢のオーディションバラエティー~ Dreamer Z』(テレビ東京系)で放送されているLDH史上最大規模のオーディション『iCON Z ~Dreams For Children~』男性部門のファイナルステージ。ファイナリストに選ばれた19名が3グループに分かれてパフォーマンスを行い、見事グランプリに輝いたグループはLDH所属アーティストとして迎えられる。

 ライブの幕開けは、今年7月にデビューを控えるPSYCHIC FEVER。“DREAM SPARK”と題したステージでフレッシュなライブを見せる。続いてEXILEのメンバーが登場すると、会場は早くも熱狂の渦へ。360度客席に囲まれたセンターステージや花道を駆けまわりながら圧巻のパフォーマンスを届け、パワフルなダンスと歌でトップスターとしての風格を見せつけた。

 完全に温まった会場へ、『iCON Z』のファイナリストたちが登場。割れんばかりの盛大な拍手に迎えられた彼らだが、全員が硬い表情を浮かべている。緊張感と興奮が入り混じった空気の中、最初にパフォーマンスを始めたのは、年齢も身長も個性もバラバラな6人のチームワークが魅力のLIL LEAGUE。飛び跳ねるようなリズムが楽しいオリジナル課題曲「Rollah Coaster」を弾ける笑顔で元気いっぱいに表現し、初めて彼らのステージを生で見る観客たちの心を一気に掴んだ。

LIL LEAGUE

 半数がまだ中学生のLIL LEAGUEのステージに乗り込んできたのは、ワイルドな先輩グループTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE。一気にデンジャラスな魅力が漂い始める中、「THROW YA FIST」でコラボパフォーマンスを披露。THE RAMPAGEの圧倒的な存在感に飲み込まれてしまうかと思われたLIL LEAGUEだったが、リーダーの岩城星那は先輩に負けない堂々とした歌を披露。13歳の難波碧空のハイトーンボイスも重低音の効いたこの曲に絶妙にマッチしており、新たな化学反応を起こしていた。

LIL LEAGUE&THE RAMPAGE

 続いて登場したのは、KIDMATIC。ローティーンメンバーの多い次世代グループとして期待されている彼らだが、課題曲は大人の男を感じさせるセクシーなダンスチューン「Giant Steps」。表情や仕草など細部まで神経を行きわたらせながら色気と高揚感を存分に表現し、ステージを華やかに彩った。

KIDMATIC

KIDMATICのコラボ相手は、爽やかでスタイリッシュなFANTASTICS from EXILE TRIBE。軽快なリズムが心地よい「Flying Fish」を共にパフォーマンスし、会場に清涼感を届ける。ラップパートではKIDMATICのメンバーが主役となり、FANTASTICのメンバーはステージ端で優しく見守る。その姿はまるで兄弟のように微笑ましかった。

KIDMATIC&FANTASTICS

 最後に現れたグループは、CROONERZ。歌唱力の高いメンバーが集まっているがダンス初心者が多く、このステージに至るまでのレッスンや合宿でかなり苦戦を強いられていた。彼らのオリジナル課題曲「Water Baby」は、歌唱力が引き立つメロウな曲調。厳しい練習をこなしてようやく完成させたしなやかなダンスと、この舞台への切実な思いを乗せた歌とラップは、観客たちの心を震わせた。

CROONERZ

 エモーショナルなステージを届けたCROONERZのコラボ相手は、メンバー全員が歌って踊るハイスキルなBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE。CROONERZのメンバーと肩を組んだり笑顔を向けたりしながらBALLISTIK BOYZがノリノリで登場すると、そのまま激しいダンスパフォーマンスに突入。最難関とされていたソロのダンスパートを遠藤翼空、夫松健介がしっかり決めると、客席からは大きな拍手が沸き起こった。

CROONERS&BALLISTIK BOYZ

 さらにここから、『iCON Z』ファイナリストたちのサプライズステージ“SPECIAL SHOWCASE”に突入。高音域まで綺麗に歌い上げる中村竜大・岩城星那による「MY PRAYER」(THE RAMPAGE)や、圧倒的な歌唱力を見せつける遠藤翼空・山本光汰による「Believe in Love」(FANTASTICS)、甘い歌声のマーク エイロン・石川晃多・沓野広翔による「Crazy for your love」(BALLISTIK BOYZ)と、EXILE TRIBE珠玉のバラードソングを次々にファイナリストたちがパフォーマンスする。

 さらに、ラップが得意なギレルメ マサユケ トマジ 西村、佐藤峻乃介、中村碧、夫松健介、百田隼麻、岡尾真虎は、このオーディションへの情熱や今の思いをリリックにのせて力強く叩きつける。続くダンストラックでは、次々にファイナリストがステージへ現れ、これまで磨いてきたダンススキルを存分に開花。岡尾真虎と岡尾琥珀が、グループの垣根を越え兄弟でダンスバトルする場面も。オープニングで見せた硬い表情は全員とうに消えており、このヒリつく緊張感を楽しんでいるようなイキイキとした顔だ。その様子に観客たちのボルテージもぐんぐんと上がっていた。

 その後、GENERATIONS from EXILE TRIBEのステージやJr.EXILEによるメドレーなど、EXILE TRIBEグループほぼ総出のお祭り騒ぎのようなライブが続き、残すのは結果発表のみ。この歴史的瞬間に立ち会うべく、番組でMCを務める木梨憲武や池谷実悠アナウンサー、レギュラーゲストの大久保佳代子も駆けつけた。約13,000人の観客たちが見守る中、男性部門のプロデューサー・EXILE SHOKICHIの口からグランプリのグループが発表される。

GENERATIONS

 ファイナルステージの勝者は、LIL LEAGUE! 無数の拍手の雨が降り注ぐ中、泣きながら強く抱き合うメンバーたち。残りの2グループのメンバーも惜しみない拍手を彼らに贈る。プロジェクトリーダーのEXILE AKIRAは「決め手は彼らのハッピーになるパフォーマンス。本当に可能性が楽しみ。EXILE TRIBEには様々なグループがあるけど、今までにない新たなカラーを見せてくれた」と絶賛。SHOKICHIも「僕らにこれからのアーティスト像を想像させてくれた」と目を輝かせながらコメントを寄せた。

 チームワークと未来への可能性で夢の扉を開いたLIL LEAGUEの勝利で、3時間に及ぶ伝説のライブは幕を下ろした。LIL LEAGUEはライブ後、記者たちに囲まれ、初めてのインタビューに対応。今の率直な感想を聞かれ、それぞれが素直な気持ちを言葉にした。

LIL LEAGUE

 難波碧空/ナンバソラ(13)「今回武道館に立たせて頂く事が出来て、夢への大きな一歩を踏み出せた気がします。僕の夢は『エンターテイメントで応援して下さっている方々に笑顔と夢を与えられる存在になる。』です。その夢を掴む為に、今まで以上に頑張ります。」

 百田隼麻/モモダハイマ(14)「まだ実感が湧いてないですが、これから活動する中でCROONERZやKIDMATICに『なんでLIL LEAGUEが受かったんだろう』って思わせないくらいのパフォーマンスができるように頑張りたいです」

 岡尾真虎/オカオマトラ(14)「率直に嬉しくて感謝の気持ちで胸がいっぱいです。LIL LEAGUEとして頑張ってきた証になったと思うので、本当に良い経験でした」

 山田晃大/ヤマダコウダイ(16)「自分がLDH所属アーティストの一員になるという実感はまだ湧いていなくて、今後もさらに乗り越えなきゃいけない壁があるかもしれないと思っています。これからLDHの名に恥じないよう成長していきたいです」

 中村竜大/ナカムラタツヒロ(17)「今日客席に家族がいるのが見えた瞬間、今までにない気持ちが込み上げてきました。パフォーマンスで人を楽しませるということのすごさを感じました」

 岩城星那/イワキセナ(17)「武道館に立つことを目標にずっと頑張ってきました。今はまだ実感が湧いていないけど、気を引き締めてもっともっと頑張らなきゃいけないなと思います。人間性や謙虚さを忘れることなく頑張っていきたいです」

LIL LEAGUE

 LIL LEAGUEの今後の活動についてHIROから「EXILEのドームツアーが7月から始まるので、新人アーティストのパフォーマンスの場でもある『DREAM SPARK』と題したオープニングアクトを務めてもらいたい」とサプライズ発表があり、「各TRIBEメンバーのツアーも始まっているので、まずはTRIBEのファンの皆さんに『LIL LEAGUE』の良さを知ってもらえるようなパフォーマンスを披露することから動き出したいと思っています。」と考えを述べた。

 若い力と勢いをバイブスに変えて欲しいと名づけられた『LIL LEAGUE』。LDH所属の夢を勝ち取った6人が、デビューに向けて今後どんな活躍を見せるのか、“Z世代”による新しい歴史の始まりに期待が高まる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)