BTSは9日、公式SNSに『Proof』の最初のCD収録曲が盛り込まれたイメージを掲載した。トラックリストには新しいアルバムのロゴと共に計19曲のタイトルが並んでいる。

 来月10日に発売される『Proof』は、BTSのデビュー後、9年の活動を盛り込んだアンソロジーアルバムで、全3枚のCDから構成される。そのうち最初のCDは「BTS年代記」に他ならない。 未発売曲「Born Singer」を除いて、BTSの歴代アルバムのリード曲が順番に網羅されている。

 最初のCDはBTSの“本質”を歌う「Born Singer」から出発する。 ヒップホップミュージシャンのジェイ・コール(J.Cole)の歌にデビュー1ヵ月を迎えたBTSがこれまで活動しながら感じたことを率直にあらわした曲で、BTSが2013年7月無料音源の形でのみ公開しており、アルバムを通じて発売されるのは今回が初めてだ。『Proof』アルバム収録のためのリマスタリング作業を経て再誕生した。

 最初のCDの最後は『Proof』のリード曲の新曲「Yet To Come」が飾る。

 BTSの誕生を知らせる「Born Singer」を筆頭に「No More Dream」、「N.O」、「Boy In Luv」、「Danger」、「I NEED U」、「RUN」、「FIRE」、「血、汗、涙」、「Spring Day」、「DNA」、「FAKE LOVE」、「IDOL」、「Boy With Luv (Feat. Halsey)」、「ON」、「Dynamite」、「Life Goes On」、「Butter」、「Yet To Come」などが収録される。

 BTSは最初のCDに続いて10日と11日、それぞれ他の2枚のCDトラックリストを公開する予定だ。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)