恒松祐里

恒松祐里が6日、都内で行われた主演映画『きさらぎ駅』(6月3日公開)完成披露上映会舞台挨拶に登壇した。インターネット掲示板で現代版“神隠し”と言われた都市伝説をもとにした作品。女子大生の堤春奈が、異世界にある「きさらぎ駅」の謎に迫る。

主人公の春奈を演じた恒松。22歳の間に初主演を務めたいという夢をこの作品で叶え「すごくうれしいです」と喜んだ。誕生日は撮影中に迎えた。「駅の電車内で昼休みを取る前にスタッフさんがホールケーキを持ってきて下さって。電車とホールケーキって生涯みることのない光景だと思うので印象に残っています」と笑った。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)