市原隼人、黒木瞳、亀梨和也、貫地谷しほり

 亀梨和也、黒木瞳、市原隼人、貫地谷しほりが25日、都内で行われたWOWOW「連続ドラマW 正体」(3月12日放送・配信スタート)完成報告会見に登壇した。

 【写真】キュンポーズをする亀梨和也

 染井為人氏のサスペンス『正体』(光文社刊)の映像化。ある夫婦の殺人事件の容疑者として逮捕され、死刑を宣告された鏑木慶一。移送中に脱獄した彼は、逃走しながらも潜伏先で出会う人々を様々な窮地から救っていく。何故、彼は人々を救っていくのか。果たして彼の本当の“正体”とは。亀梨和也が、『事故物件 恐い間取り』でもタッグを組んだ中田秀夫監督と挑む。

 脱獄する死刑囚・鏑木役を演じる亀梨和也。金髪や一重瞼や髭面と、逃亡先の変装姿は亀梨のアイデアも。「リアルさを大事にしたいと思いました」。なかにはフィッティングに5時間を要したものも。なかでも金髪姿は自身でも初めての体験で新鮮だったようだ。

 そんな亀梨演じる鏑木に恋心を抱く役所を貫地谷しほりが演じる。亀梨は「一目ぼれをして頂かないといけなくて。セリフのなかにめちゃくちゃイケメンと書いてあったので頑張らないといけないと思いました」と回顧した。

 貫地谷とは過去の作品で姉弟役を演じた。「今回はしっかり恋をさせて頂きました」と亀梨。貫地谷も「最初は恥ずかしいなと思ったけど…。前回はお姉さんを支える弟役でしたのでどうなるんだろうなと思ったけど、現場に行ったら大好きでした。相変わらず」と役として“がっちり恋心”を抱いたと明かした。

 デビュー当時から亀梨のファンという黒木は今回、事件の唯一の目撃者を演じる。「現場でたくさんお話しできると思ったけど、重たいシーンが多くて。なのできょうたくさん雑談しました」とうっとり。更に「亀梨君扮する鏑木は全4話それぞれ全く違う。そんな亀梨君に色んな方が惚れますが、私も拝見したら一視聴者として『これじゃ惚れちまうやろう』と思った。皆さん亀ちゃんに惚れちゃってください」と呼び掛けた。

 鏑木の最初の潜伏先の同僚役を演じる市原隼人も、「亀梨さんは真摯に難しい役をしっかり受け止めてやっていました。その姿に惚れました。こういう役者が増えてほしいなと思いました」と役者として称えると、亀梨は「嬉しいですね」と喜んだ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)