菜々緒



 菜々緒が23日、東京・日比谷で行われた『第36回東京国際映画祭』のレッドカーペットに登場した。

 【動画】胸元と背中が大胆に開いたドレスでレッドカーペットを歩いた菜々緒

 ガラ・セレクションに『怪物の木こり』が出品されている。菜々緒は胸元と背中が大胆に開いたドレス姿で、亀梨和也にエスコートされながら登場。三池崇史監督を含め3人でレッドカーペットを歩いた。

 観客の声援や報道陣の呼びかけに笑顔で応じた。

 本作は、倉井眉介氏による同名小説の実写映画化。凶器の斧で脳を奪い去る連続猟奇殺人事件。次のターゲットとして狙われたのは弁護士・二宮彰。しかし二宮は、犯人をも凌駕する狂気のサイコパスだった!犯人を追う警察と、返り討ちを狙う二宮。追う者と追われる者がどんどん入れ替わっていく先読み不可能なストーリーとなっている。

 菜々緒は捜査本部で孤立しながらも連続殺人事件を追う警視庁のプロファイラー・戸城嵐子を演じる。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)