福山雅治が、先日開催延期が発表となった『WE’RE BROS. TOUR 2021-2022 “Promise for the Future”』国立代々木競技場 第一体育館での公演日2日目にあたる、1月28日に、同会場から無観客オンラインライブの生中継することが25日、わかった。

【Another Story of Promise for the Future『裸の音』】

 新型コロナウィルスの感染拡大状況を受け、ご来場の皆様の安心・安全を第一に考えさせていただき、1月27日(木)・28日(金)に予定していた、国立代々木競技場 第一体育館での公演を4月29日(金・祝)及び、30日(土)に延期とさせていただきました。

 延期とさせていただいたものの、バンドメンバー、コンサートスタッフ、そしてすでに押さえている会場が存在するということは、そのままライブが開催できる状況でもあります。

 それは別の表現をすると、ライブは延期になったものの、〈音楽で生きる人達〉と〈音楽を発信できる場所〉が残った、ということでもありました。

 福山はここまでの全国ツアー開催を通じて、毎公演ごとに「ライブをやらせていただけてることで生き返った気分です。そして心身共に健康になっています!」とMC中に感想を述べ、“音楽を奏でること”や、“ライブでオーディエンスと共に作り上げる興奮と感動”が、自身の生活にとってどれほど重要な意味を持っているのかを再確認してきました。

 福山はこのライブのタイトルを『裸の音』と命名しました。

 「ライブを予定していた日に、最強のメンバーと最強のスタッフと共に、音楽そのものを楽しみたい。そして、そこで音楽が生み出される全ての瞬間を包み隠さずお届けしたい。言うなれば“裸の音”を」。

 ミュージシャンとしての初期衝動のままに走り出した今回の企画。今回のオンラインライブのセットリストは、現在開催中の『WE’RE BROS. TOUR 2021-2022 “Promise for the Future”』とは、全く異なる楽曲群で構成する内容を予定しております。

 福山の構想は、全国アリーナツアーのステージセットではなく、“国立代々木競技場 第一体育館のアリーナのど真ん中に、バンドセットや音響、照明機材などを配置し、心から音楽を楽しむ姿、音楽が生まれてくる瞬間を生中継する”、というもの。

 また初の試みとして、“会場でのライブリハーサルの模様も生中継し、「ライブが創られていく過程」その全てを公開”する。

 「プレイヤー達が音楽を奏でることを楽しむ」、「ライブが創り上げられる過程を包み隠さず見せる」という、まさにライブ制作現場の“ドキュメンタリーの生中継”となる今回のオンラインライブ。

開催が決定したのは配信の4日前。

 いつものライブでは決して観ることのできない『裸の音』を、皆様に体験していただければと思います。

配信情報

【配信日】2022年1月28日(金)

-Time table-
13:30〜17:00頃 LIVEリハーサル生中継
20:00〜 LIVE START
※17:00〜20:00の時間も、セッティング中の会場の様子を生中継いたします。
※本公演は配信終了後のアーカイブ配信の実施予定はございません。
※お見逃しの方は2月5日(日) 17:00より実施いたします【再配信】をご覧ください。

【再配信】2022年2月5日(土)

-Time table-
17:00〜 LIVEリハーサルブロック
20:00〜 LIVEブロック
※【再配信】とは日時指定の配信となります。アーカイブ配信期間はございませんのでご注意ください。
※再配信の開始時間は変更になる場合がございます。

【配信プラットフォーム】
PIA LIVE STREAM

【チケット価格】
3,939円(税込)

【チケット販売期間】
2022年1月25日(火) 〜 2月5日(土) 再配信終了時間まで
※1月28日(金)の【本配信終了時間】までにご購入いただいた方も、【再配信】をご覧いただけます。

【チケット購入URL】
<国内販売>
https://w.pia.jp/t/fukuyama-yoyogi-pls/

<海外販売>
https://w.pia.jp/a/fukuyamamasaharu22-engpls/

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)