廣木隆一、伊藤歩、松山ケンイチ、藤原竜也、神木隆之介、黒木華、永瀬正敏

 藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介、黒木華、永瀬正敏、伊藤歩がこのほど、都内で行われた映画『ノイズ』(1月28日公開)ジャパンプレミアに登壇した。

 島を訪れた元受刑者のサイコキラーを殺してしまった泉圭太役の藤原竜也と、圭太の殺人を隠ぺいすべく死体隠しに協力する幼馴染の田辺純役の松山ケンイチが登壇。更に2人と幼馴染の新米警察官・守屋真一郎役の神木隆之介、圭太の妻・加奈役の黒木華、事件の捜査のため島に乗り込む県警の敏腕刑事役の永瀬正敏、伊藤歩、そして本作のメガホンを取った廣木隆一監督と、豪華キャスト・監督が一堂に会した。

 司会からこれから映画を観る観客に向けてこの作品の魅力と一押しポイントを一言で伝えてほしいと言われた藤原は「キーワードは“イチジク”と“渡辺大知”。前半はこれに注目頂ければ!」と自身の役が演じる圭太が農園で育てているイチジクと、冒頭島に紛れ込んで圭太達に殺されてしまう役を演じた渡辺大知をチョイス。

 それを受けた松山は「竜也さん悪いっすね!以上です」と一言。神木は「皆さんこれから映画を観る感覚でいらっしゃると思うんですが、違うんですよ。皆さんこれから“共犯者”になるんです...!」と前の2人よりも作品の内容に踏み込んだ。

 本作の中で数少ない平和なシーンである泉家メンバーでの撮影に参加した黒木は撮影の裏話を聞かれ、「私と竜也さんの娘を演じていた子(飯島梨央)には、台本を渡されずに、直前にシチュエーションだけ説明されてその場にいる感じだったので、藤原さんがすごいお父さんしてくれました」親子のシーンでの撮影秘話を披露。

 藤原達3人をどんどん追い詰めていくため県警の刑事を演じた永瀬と伊藤は、藤原達を追い詰めるために意識していたことは?と聞かれ、伊藤は「永瀬さんについていこうと思って一生懸命でした(笑)」と回答。永瀬は「最初に犯人が分かっている映画なので、犯人を追う伊藤さんと僕は 2 人はお客さんに気持ちを乗っけて頂ける役柄なんです。だけど僕らは台本を読んでいる訳で、(先の展開を)匂わせないように、そのシーン、そのシーンで 3 人を追い詰めていくことを心がけていましたね」とそれぞれのアプローチ方法を語った。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)