THE YELLOW MONKEYが、2022年1月8日より、各音楽配信サービスにて30曲のベストソングを集めた『30Years 30Hits』のストリーミング配信を開始することが2021年12月16日、、わかった。

 THE YELLOW MONKEYは、1992年5月21日「Romantist Taste」でデビュー。来年、2022年はデビューから30周年を迎える。

 ここまでに数多くのロックアンセムを世に放ってきたバンドだが、2001年の活動休止、その後の解散を経て、2016年に再集結を果たした。その発表の記念日でもある2022年1月8日(土)より、各音楽配信サービスにて30曲のベストソングを集めた『30Years 30Hits』のストリーミング配信を開始することが決定した。

 この30曲のセレクションはTHE YELLOW MONKEYがデビューからシングルカットされた楽曲、またカラオケで歌われ、現在のサブスクリプションにてトップソングとして聴かれている、歌い継がれ、聴かれ継がれている楽曲達や、タイアップで起用された楽曲から、長くライブでパフォーマンスし愛され続けてきた楽曲を集めた、まさに「THE YELLOW MONKEYの代表曲30選」だ。

 1996年にリリースされたバンドの代名詞とも言える「JAM」から始まり、2019年にリリースされた19年ぶりのアルバム「9999」にも収録され、TBSテレビ系「NEWS23」エンディングテーマとしても起用されていた「Changes Far Away」まで、デビューから所属してきた各レーベルの垣根を超えた、新旧を織り交ぜたベスト集だ。この全30曲は新たにリマスタリングした音源で、Apple Musicなど対応している一部の配信サービスではハイレゾ音源でも楽しむことができる。色褪せない名曲を改めて感じて欲しい。

 また、ジャケット写真では、Yoshimitsu Umekawaによるフォトアートとのコラボレーションが実現。数ある作品の中から、バンドのルーツであるグラムロックを表現する配色イメージであるこの作品が選ばれた。

 各音楽配信サービスにてこの30曲が聴けるのは1月8日(土)だが、事前にApple MusicまたはSpotifyで「Pre-Add / Pre Save」登録(配信開始時に自動的にライブラリに新曲が追加されるサービス)をすると、メンバーのカバー写真がプレゼントされる。

 そして『30Years 30Hits』のリリースに合わせて30th Anniversary DOME TOURから厳選されたライブ盤『Live Loud』のDISC2の音源13トラックが追加。更に、今まで各音楽配信サービスでは未公開だった、『MOTHER OF ALL THE BEST』DISC3収録の13トラック、20周年記念でリリースされた限定シングル『Romantist Taste 2012』の配信も決定した。

配信情報

THE YELLOW MONKEY『30Years 30Hits』-2022 Remaster-

01.JAM
02.SPARK
03.バラ色の日々
04.太陽が燃えている
05.BURN
06.楽園
07.LOVE LOVE SHOW
08.砂の塔
09.プライマル。
10.追憶のマーメイド
11.Tactics
12.球根
13.ALRIGHT
14.パール
15.天道虫
16.悲しきASIAN BOY
17. SO YOUNG
18. I don't know
19.聖なる海とサンシャイン
20.ロザーナ
21.花吹雪
22. Balloon Balloon
23.嘆くなり我が夜のファンタジー
24. Love Communication
25.MY WINDING ROAD
26.BRILLIANT WORLD
27.熱帯夜
28.DANDAN
29.SUCK OF LIFE
30.Changes Far Away

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)