THE YELLOW MONKEYが3日、新たな「Sing Loud!」の参加型企画として『30th Anniversary LIVE -DOME SPECIAL-』3公演から楽曲を選んでもらい、その投票の結果を受けて、20年ぶりのライブ・アルバムとして形にすることがわかった。11月7日横浜アリーナ公演日の正午から、投票ページがオープンする。

 東京ドーム公演が幕を閉じた。昨年12月28日に開催されたナゴヤドーム、今年2月11日に開催された京セラドーム、そして4月4日、5日にファイナルを迎えるはずだった東京ドーム公演が、新型コロナウィルスの影響で止むを得ず中止となり、それに替わる新規公演として、本日の東京ドームが開催された。

 政府のガイドラインに基づき、制限されたキャパシティ設定となったが、来場チケット19,000枚はSOLD OUT。有観客、ライブストリーミング、WOWOW生中継という最大規模の「ハイブリッド公演」を決行し、一つの新しいエンターテインメントの形を提示した。

THE YELLOW MONKEY

 今回の東京ドーム公演では、どんな形でもライブに参加できるよう「Sing Loud!あなたの声をメンバーへ、会場へ。」と題して、事前に歓声を募集し、会場でその歓声を響かせるという参加企画を実施。ファンとバンドの接点が減ってしまった今、この企画はライブに来場ができないファンから多くの賛辞が寄せられた。

 当日の会場では、まるで満員のオーディエンスがいるかのように響き渡り、歓声を上げられないという環境に答えを出した。集まった歓声はライブを構成する大切なピースとなった。

 このドームツアーはまさにファンと一緒に作られたライブである。ドーム3公演のライブへ来場してくれた方、Sing Loud!の歓声企画に応募してくれた方、ライブストリーミングを観てくれた方、様々な形でTHE YELLOW MONKEYのライブに参加してくれたファンの皆さまに向けて、新たな「Sing Loud!」の参加型企画を打ち出す。

 ドーム3公演から、愛する楽曲を選んでいただき、その投票の結果を受けて、THE YELLOW MONKEY 20年ぶりのライブ・アルバムとして形にする。

 11月7日(土)横浜アリーナ公演日の正午から、投票ページがオープンする。

 収録内容は、バンド結成日である12月28日(月)日本武道館の公演後に発表される。どのような楽曲達が選ばれるのか。

 結成してから30年間、数々のステージ立ってきたこのバンドにとって、ライブというものは活動の中心にあるもの。今回のドームツアーはTHE YELLOW MONKEYのライブの集大成でもあり、この音源こそが最新で最良のバンドの姿である。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)