新世代ジャズフェスティバル「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」が、2022年5月14日(土)5月15日(日)埼玉県・秩父ミューズパークで開催されることが発表され、第1弾出演アーティスト4組が公開された。

5月14日はDREAMS COME TRUE featuring 上原ひろみ, Chris Coleman, 古川昌義, 馬場智章 / SERGIO MENDES。5月15日はROBERT GLASPER / SOIL&”PIMP”SESSIONSが第1弾出演アーティストとして発表された。

 「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」は2013年にスタートし、毎年7月にイギリスのイースト・サセックスで開催されているヨーロッパ最大規模の野外ジャズフェスティバル。伝統的なジャズフェスティバルとイギリスのキャンプ文化が融合した空間のなかで、ジャズ、ソウル、ファンクを横断する洗練された音楽を楽しむことができ、“The Guardian”紙をはじめとしたイギリスの主要メディアから五つ星を付けられる等、上質な音楽を体感できるフェスであると高い評価を得ている。

 そんな「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」が2022年5月、満を持して日本に初上陸する。“LOVE SUPREME”を合言葉に、埼玉・秩父ミューズパークにて2日間の開催が決定。2020年、2021年と2年連続中止となったが、今回日本初開催と共に発表されたのは、その2年分のヘッドライナーすべてが揃った超豪華な4組。

「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」

 まず初日のヘッドライナーにDREAMS COME TRUE。日本を代表するバンドがこのジャズフェスティバルに参加することもビッグニュースだが、このために集まったバンドメンバーがまた豪華。世界的ジャズピアニスト上原ひろみ、ドリカムとは13年ぶりの共演となる。さらにドラマーにはチャカ・カーンやプリンスのサポートメンバーとして知られるChris Coleman(クリス・コールマン)、そしてギタリストには古川昌義、サックスにはJ-SQUADのメンバーである馬場智章といった錚々たるメンバーが決定。 “beauty and harmony” Special Sessionとして、吉田美和ソロアルバム『beauty and harmony』『beauty and harmony 2』を中心とした選曲を予定しているという。

 同じく初日にはSERGIO MENDES(セルジオ・メンデス)。1966年の「Mas Que Nada」の大ヒット以降、70代後半となってもなおシーンの第一線で活躍を続け、ブラジル音楽の魅力を世界に伝え続ける巨匠ピアニスト。大の親日家としても知られ、愛称は「セルメン」。1964年に初来日して以来これまでの来日回数は50回以上を数える。2019年にリリースされたアルバム『IN THE KEY OF JOY』を携えて2020年には来日公演も行う予定だった。2008年にはドリカムが彼のアルバムに参加したこともあり、同じフェスでこの2組のパフォーマンスを見ることが出来るのは奇跡である。2022年、今なお衰えを知らない彼のアイディアとクリエイティヴで、ラヴシュプだけの新たな「セルメン」のステージを魅せてくれることだろう。

 そして、2日目のヘッドライナーには、ROBERT GLASPER(ロバート・グラスパー)が決定。EXPERIMENT名義で発表されたアルバム『BLACK RADIO』(2012年)がグラミー賞の“ベスト・R&B・アルバム賞”に輝き、史上初めて4つのジャンルのチャートで(ヒップホップR&B、アーバン・コンテンポラリー、ジャズ、コンテンポラリー・ジャズ)同時にトップ10入りした史上初のアルバムとして話題になった。この偉業は、翌年リリースの『BLACK RADIO 2』でも達成された。現代ジャズ界の最重要人物であるとともに、ジャンルを超越した存在でもあることは間違いない。待望の『BLACK RADIO 3』は、2022年初頭でのリリースが予定されており、この来日公演でそれが初披露されることは確実。

 最後に、日本を代表する新世代ジャズバンドSOIL&“PIMP”SESSIONSが決定。世界中の数々のビッグフェスにも多数出演しており、この“LOVE SUPREME”の日本上陸に満を持して登場する。踊れるジャズ「DEATH JAZZ」をテーマにジャンルの枠を超え、日本の音楽シーンに大きなインパクトを与え続けている彼ら、今回もゲストを引き連れての出演予定。昨年リリースされたJAZZカバーアルバムでは、このフェスの名前の由来となったジョン・コルトレーンの「至上の愛(A LOVE SUPREME)」もカバーしており、当日のパフォーマンスにも期待が高まる。

 第1弾はこの全4組、日本初開催のこのフェスに相応しい素晴らしいラインナップが出揃った。

 そんな記念すべき初開催となる本会場は、埼玉県秩父市と小鹿野町にまたがる自然豊かなテーマパーク「秩父ミューズパーク」。秩父市は三峯神社などを中心に関東屈指のパワースポットとしても有名、また開催月の5月には芝桜も満開の時期を迎える。都心から車で約100分、電車でも池袋駅から約80分と、日帰りでも十分往来しやすい観光スポット。自然と音楽の充実した空間を体験できそうだ。

 2022年、新世代ジャズフェスティバル「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」日本上陸。初夏の風と緑を感じながら、パワースポット埼玉秩父で「至上の愛と至福の音楽体験を―」。

DREAMS COME TRUE 中村正人コメント

2022年「LOVE SUPREME」に昨年のリベンジを叶えるべく参加決定。転んでもただでは起き上がらないドリカムは、吉田美和の盟友、上原ひろみをはじめとする「こんなメンバーありえない!」というすっごいアーティストたちと絡みまくります。しかもドリカム楽曲ではなく、吉田美和ソロ楽曲でセトリを組み立てるというわけがわからない大胆不敵なプラン。いったい俺は何をすればいいんだ?そっか。ベース弾けばいいじゃない。ってことで、乞うご期待!!!

DREAMS COME TRUE中村正人

イベント情報

■名称:『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL JAPAN 2022』
■日程:2022年5月14日(土)、5月15日(日)11:00 開場 / 12:00 開演(予定)

■出演:5月14日(土)
DREAMS COME TRUE featuring 上原ひろみ, Chris Coleman, 古川昌義, 馬場智章 /
SERGIO MENDES… and more!!!

5月15日(日)
ROBERT GLASPER / SOIL&”PIMP”SESSIONS… and more!!!

■メンバー
*DREAMS COME TRUE(5/14出演)
DREAMS COME TRUE : 吉田美和(vo) / 中村正人(b)
Musicians : 上原ひろみ(pf) / Chris Coleman(ds) / 古川昌義(g) / 馬場智章(sax)

* SERGIO MENDES(5/14出演)
※メンバー編成は追ってお知らせします

*ROBERT GLASPER(5/15出演)
※メンバー編成は追ってお知らせします

*SOIL&“PIMP”SESSIONS(5/15出演)
社長(agitator) / タブゾンビ(tp) / 丈青(pf) / 秋田ゴールドマン(b) / みどりん(ds) / 栗原健(sax)

■会場: 埼玉県・秩父ミューズパーク(https://www.muse-park.com/guide/facility03)
〒368-0102 埼玉県秩父郡小鹿野町長留2518
■会場アクセス:https://www.muse-park.com/access#map
※車:関越自動車道花園インターチェンジから国道140号(皆野寄居有料道路)を利用して約40分
(必ず事前に駐車券をご購入ください)
※電車:池袋駅から西武線特急を利用し西武秩父駅まで約80分、西武秩父駅から専用シャトルバス(有料)で約15分

■チケット:
一般・指定席(前方エリア)1日券 16,000円(税込)
一般・芝生自由1日券 13,000円(税込)
中学生高校生・芝生自由1日券 6,000円(税込)
駐車場1日券 3,000円(税込)
シャトルバス利用券(往復)料金未定 西武秩父駅⇔会場(約15分)
※小学生以下は、芝生自由エリアに限り保護者1名に付き1名まで入場可
※駐車券はイープラスのみで販売
※シャトルバス利用券の詳細は追ってお知らせいたします

オフィシャル1次チケット先行予約 受付中
12月6日(月)18:00 ~ 12月14日(火)23:59
イープラス(https://eplus.jp/lovesupreme/)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)