ウイカ、山寺宏一、宮野真守

 山寺宏一、宮野真守、ファーストサマーウイカが9日、都内で行われた映画『ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結』(13日公開)ジャパンプレミア試写会に登壇した。3人は日本語吹替え声優を務める。

 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズで知られるジェームズ・ガン監督の最新作。全員終身刑の悪党たちがデス・ミッションー世界の脅威となる『怪獣プロジェクト』に挑む姿をど派手に描く痛快サバイバル・アクション。

 山寺と宮野は声を担当した役柄を連想させる衣装で登壇。一方のウイカは「かっこいい」と演じていないハーレー・クイーンの衣装で登場した。

 山寺宏一が声を演じるのはブラッド・スポート。腕利きの殺し屋でプロジェクトのリーダーを務める。ブラッドを演じる俳優のイドリス・エルバの声を担当するのは本作で3度目。「体がでかくてセクシー」だが、声で共演する大塚明夫と宮内敦士に「負けないように一生懸命がんばりました」

 ちなみに山寺は、連想させる服として、普段から愛用しているブランドの展示会にわざわざ行き、来年の春夏コレクションを先取りして借りてきたという。

 ポルカドットマン役の宮野真守は、水玉の攻撃を仕掛けることから、水玉模様をあしらったネクタイをつけて登場。ポルカドットマンは過去へのトラウマを抱えた内気なキャラだが、繰り出す攻撃は「やばい能力を出してボコボコに穴をあけます」。完成した作品を見て「やりとりが面白い!」と絶賛。

 一方のファーストサマーウイカはハーレークイーンではなく、政府転覆を図ったルナ将軍に対抗する勢力のメンバー。個性の強いキャラクター揃いのなかでは「一番まとめで唯一良い人」。ただ普段から感情を全面に押し出す自身の性格ではついつい感情を爆発させてアフレコしていまうことがあり「よく抑えてと言われました」とあたまをかいた。

 見どころは口を揃えて「やりとりが面白い」。山寺は「会話で笑わせるのが面白い」、宮野は自身の役どころを引き合いに「水玉を出すところは衝撃」、ウイカは「レジェンドの声優がワチャワチャしているのがすごすぎ」と語った。

 この日はジェームズ・ガン監督からビデオメッセージが寄せられた。「命を吹き込んでくれてありがとう」という監督の感謝に3人は喜んだ。

 改めてウイカは「この時代は気が滅入ることもあると思いますが、それを全部吹き飛ばしてくれる映画です」、宮野は「最初から最後まで笑っていられる素晴らしい映画」、山寺は「映画の面白さが全部詰め込まれた痛快な作品」と称えた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)