(C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

 北村匠海が主演する実写映画『東京リベンジャーズ』(7月9日公開)の劇中に登場するキャラクター達の関係性を描いたPVが7週連続で解禁される。第1弾は主人公タケミチ(北村匠海)とヒロイン・ヒナタ(今田美桜)だ。

 【動画】解禁されたキャラクターPV(タケミチ×ヒナタver)

 フリーターとしてどん底の生活を送っていたタケミチ(北村)は、人生唯一の彼女だったヒナタが事故に巻き込まれて死亡したことをきっかけに、弱小不良だった高校時代にタイムリープ。彼女が死ぬ未来を変えるために奮闘することになる。

 今回解禁となった映像では、現代のタケミチのだらしない姿やボコボコにされて土下座させられる弱小不良の姿などが次々と描かれ、挙句にタケミチは「俺みたいにどうしようもないやつが、何しろって言うんだよ!」と情けないセリフを叫ぶ。

 そこに「だったら頑張って。それで10年後も私と一緒にいて」とヒナタが一喝。ヒナタはタケミチのためなら東京卍曾、無敵の総長・マイキー(吉沢亮)に対しても臆することなくビンタを張るほど芯の強い女子。

 その強さと真っすぐな心に打たれたタケミチは、「ヒナにはぜってぇ手出すなよ」と自分より喧嘩の強い人間を前にしても怯まず啖呵を切り、どんどんボロボロになっていきながらも頼もしい姿になっていく。

 「10年後、絶対に会いに行くから」とヒナタに語り掛けるタケミチの姿は観る者の心を強く揺さぶる熱さに満ちており、2人が無事に現代で再会できるのか、物語の結末が気になるところだ。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)