藤原竜也、竹内涼真(撮影・冨田味我)

 藤原竜也と竹内涼真が21日、都内で映画『太陽は動かない』(羽住英一郎監督)の公開御礼舞台挨拶に臨んだ。この日は羽住監督、そして特別ゲストとして映画プレゼンターの赤ペン瀧川が登壇した。

 「怒り」「悪人」などヒット作を生み出し続ける人気小説家・吉田修一氏の同名サスペンス小説を、「海猿」シリーズ、「暗殺教室」シリーズの羽住英一郎監督が映画化した。

 藤原竜也と竹内涼真が、半年間鍛え上げたという肉体を惜しげもなく披露し、初の本格アクションに挑戦。心臓に爆弾を埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫るという極限まで追い詰められた秘密組織のエージェントを演じた。

 アクションシーンなど同業者からも反響を受けているという藤原。「僕らも大変でしたが、半年間におよぶ長期間のロケで毎シーンがクライマックスの様な撮影。現場にいなかったけど、だいたい想像がつく大変だったんだろうなと」言われたそうだ。

藤原竜也(撮影・冨田味我)

 一方、現在出演中のドラマチームや親戚からも反響をもらったという竹内は「ノースタントで竜也さんと挑戦したアクションは、生っぽい、人間同士のぶつかりあいがちゃんと画に出ていて、同業者の方からはそこがすごかったと言ってもらえることが多いです」と伝えた。

 コロナ禍で公開が約1年延期になった。この間、イベントなどで本作の魅力を伝えてきた2人だが、藤原は「魅力を宣伝し続けてきたので、もうしません。竹内と2年宣伝してきたので、もう伝えることはありません。出尽くしました。プレゼンしません!」ときっぱり。竹内も「本当にいろんなところで話したので。本当にやり尽くしたんですよ」とポツリ。

竹内涼真(撮影・冨田味我)

 その後は特別ゲストとして登壇した赤ペン瀧川が2人に代って「吹き替えなしでアクションしていることがわかるように、後ろ姿じゃなくて、本人がやっているとしっかりわかるように撮影されているシーンが連発されているし、冒頭からクライマックスみたいに熱量があるシーンが続いてかなり興奮しました」と熱弁をふるった。

羽住英一郎監督、藤原竜也、竹内涼真、赤ペン瀧川(撮影・冨田味我)

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)