中川大志

 中川大志と清原果耶が18日、都内で行われた、映画『ジョゼと虎と魚たち』(12月25日公開)公開直前クリスマスイベントに出席した。中川は映画について「アニメーターの方が映像を作り上げ、自分もそのなかのひとりであることを誇りに思う」とコメント。謙遜した様子で撮影を振り返っていた。

 映画は芥川賞作家・田辺聖子さんの短編小説が原作。2003年に妻夫木聡・池脇千鶴主演で実写映画化された本作がアニメーション映画として生まれ変わる。アニメーションだから描き出せる、リアルでイマジネーションに満ち満ちた日常の輝きや恋愛のときめき、人生のきらめきがスクリーンからあふれ出る。

 大学生・恒夫を演じたのは中川、ジョゼ役に清原。監督は『おおかみこどもの雨と雪』助監督や『ノラガミ』シリーズの監督を手掛けたタムラコータロー氏。脚本を桑村さや香氏、キャラクター原案を絵本奈央氏、キャラクターデザイン・総作画監督を飯塚晴子氏が担当した。

 イベントは拍手に包まれながら中川と清原が登場してスタート。中川は「1週間後に公開を控えて僕たちも楽しみにしています」とあいさつした。

 ここからイベントはふたりによるトークセッションへ。まず映画の見どころについて聞かれると中川は「アニメーターの方が映像を作り上げていて、自分はそのなかのひとりであることを誇りに思っています」とコメント。さらに「自分が代表してイベントに出させて頂いているのが申し訳ないくらい」と謙遜しつつ映像美に感動したことを伝える。

 演じた登場人物についての印象については「今まで演じてきた役のなかで一番近い等身大の人物だと思います」と明かし、演じ方については「普段の自分に近いニュートラルな感じを意識しました」とコメント。また「ジョゼはギャップのある女の子なんですけど、僕もギャップには弱い」と意外な共感もあったこともアピール。

中川大志

 声優としての現場では、清原と初共演である中川。収録は2日を要したという。清原は「ひとりだけだとイメージしきれない部分が多かった。実際に中川さんが喋ってるのを聞きながらできるのがありがたかった」と中川のサポートへの感謝を示した。それに対し中川は「大変なことを共有して乗り越えられたので安心感がりましたし、ひたむきにジョゼに向き合ってストイックだなと思った」と清原を称え、互いの信頼を感じさせる。

 そして話題は、物語の舞台が大阪で両者が関西弁でセリフをこなしていることについてに及んだ。中川は清原の関西弁を聞いた感想を「関西弁を話しているイメージがないので新鮮でした。ふとした時に見せる弱ってる時の話し方がキュンとしました」と、ここでもギャップ惹かれる個人的な思いを明かした。

 クリスマスの思い出については「魔法使いの映画にはまっていてホウキが欲しかったのに、絵の具セットをプレゼントされて泣きわめいた」と自身のエピソードを披露。

 終盤では来年の抱負を「日記を書く」とその場で書き上げて、クリスマスツリーに飾り付け。そして最後に「大変な1年でしたが、映画館で癒される様な温かい気持ちになれる優しい映画になりました。ぜひ観に行っていただければと思います」とメッセージし、イベントは幕を閉じた。【取材・撮影=小池直也】

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)