V6が、15日放送のテレビ朝日系音楽特番『ミュージックステーション35周年記念4時間スペシャル』に出演。「TAKE ME HIGHER」、「愛なんだ」、「over」など6曲をメドレーで披露し、反響集めた。

 解散が11月1日に決定しているV6。最後のMステ出演ということで、同番組に出演した26年間の軌跡、160回を映像とともに振り返った。ワイプに映るメンバーは懐かしそうに映像を見守る姿が印象的だった。

 19時台には10月26日に発売されるベストアルバム『Very6 BEST』に収録される26年間の歩みが綴られた「Full Circle」をパフォーマンスし、4時間スペシャルの大トリを務めたV6。Mステ最後のパフォーマンスに行く前にメンバーそれぞれがコメント。

岡田准一「最後、大事に歌いたいと思います」

三宅健「ジュニアの頃からこの番組に出るのがあこがれで、沢山出演させていただいて感謝しています」

森田剛「テレビを観ている皆さんに届くように心を込めて歌いたいと思います」

長野博「他の生放送にはないこの独特な雰囲気が好きで、今日はその空気を感じながら皆さんが選んでくださった曲を大切に歌いたいと思います」

坂本昌行「僕個人としては30年以上Mステには出させていただいていました。沢山の思い出をありがとうございました。全てが宝物です」

井ノ原快彦「いい思い出しかありません。11月1日まで突っ走っていきますので見届けていただけたらと思います」とメッセージを送った。

 井ノ原は「26年間可愛がっていただいてありがとうございました」と、ファンに感謝を告げ、国民投票によって選ばれた楽曲を含む6曲をメドレーで披露。メドレー1曲目は「TL」。セクシーな歌とキャリアを重ねたシンクロ率の高いダンスを見せ、続いてアグレシッブな「TAKE ME HIGHER」、さわやかな歌声を響かせた「Believe Your Smile」、「HONEY BEAT」、楽しそうにパフォーマンスする6人の笑顔が印象的だった「愛なんだ」、ラストは国民投票で1位に選ばれた「over」と紡いだ。

 最後のMステを噛み締めるように歌う6人の姿に、SNSでは「最後の曲で泣きそうになった」、「最後みんな笑顔でそれ見て号泣した」など感動の声が上がっていた。

 番組のエンディングでは司会のタモリを加えた“セブンショット”で締めくくった。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)