日本のみならず世界中に熱烈なファンを持ち、ロックとポップを高次で融合させた稀有な音楽性と芸術的なステージ表現を誇るモンスターバンドL‘Arc~en~Cielが2021年2月に結成30周年を迎え、5月29日(土)、30日(日)の2Daysにわたり、幕張メッセ国際展示場1-3ホールにて「30th L’AnniversaryStarting Live“L’APPYBIRTHDAY!”」を開催することが決定した。

 2020年1月、8年ぶりのアリーナツアー「ARENA TOUR MMXX」では、回転式のセンターステージ演出に初挑戦。エンターテインメントとして楽しませると同時に、成熟したロックバンドならではの迫力を見せつける圧巻のツアーだったが、残念ながら新型コロナウイルスの影響で中断を余儀なくされた。事実上のファイナルとなった2020年2月のさいたまスーパーアリーナ2Daysから約1年3か月という時を経て、4人がステージに戻ってくる。

 1991年、L‘Arc~en~Cielは大阪で結成され、同年5月30日にファーストライヴを行った。2021年、バンドにとって30歳の“誕生日”をファンと共に祝い合う今回のライヴは、記念すべき公演となる。

 また、「ARENA TOUR MMXX」でのパフォーマンスから伝わって来た凄まじい熱量は、15か月の空白期間を燃料に、更なる高まりを見せることだろう。L‘Arc~en~Cielの30周年アニバーサリーイヤーは、この幕張メッセ国際展示場1-3ホールでの2Daysを出発点として、更なる展開が予定されている。

 先行きの見通しづらいこの時世において、バンドとしても熟慮を重ねてきたのは言うまでもない。ファンやスタッフの安心と安全を守ることに最大限の注意を払い、選び取った決断がこのたびの公演開催である。加えてこの公演は、会場に足を運べなかった方も参加できるようバンド初の配信を後日予定しており、詳細は追って発表される。

 公演実施にあたっては、新型コロナウイルス感染症への対策を徹底し、万全の体制で臨む。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)