BTSが15日午前9時(韓国時間)、米最高権威の音楽授賞式「グラミー賞(GRAMMY AWARDS)」で単独公演を行い、新たな道しるべを築いた。

 BTSは15日に開催された第63回グラミー賞で、昨年8月に発売したデジタルシングル「Dynamite」で舞台を飾った。韓国の大衆歌手としては初めて「グラミー賞」にノミネートされたのに続き、単独舞台まで披露し「象徴的な瞬間」を演出した。 BTSはCardi B、DaBaby、Harry Styles、Doja Cat、Dua Lipa、Taylor Swiftなど授賞式のパフォーマーを務めたグローバルミュージシャンらと肩を並べて「2021グラミー賞」を輝かせた。

 「グラミー賞」の象徴である巨大なグラモフォン(最初のディスク蓄音機)の前で特別なパフォーマンスを始めたBTSは、グラモフォンのラッパ管の中の「グラミー賞」フォトウォールで、そして、ソウル都心の真ん中に移動しながらソウルとロサンゼルスの「グラミー賞」を繋ぐパフォーマンスを完成させた。特に雄大な規模のヘリポートを舞台にしたBTSの後ろには、漢江をはじめとするソウルの夜景が広がり、韓国の美しい風景が全世界に広がった。

BTS(Photo by Big Hit Entertainment)

 「グラミー賞」に3年連続で参加したBTSは、2019年の第61回授賞式では授賞者として舞台に上がり、昨年の第62回授賞式ではラッパーのLil Nas Xと合同公演を行った。 今年は受賞候補と同時に単独公演パフォーマーとして活躍し、世界音楽の主流市場に定着した「21世紀ポップの英雄」として浮上した。

 「ビルボードミュージックアワード(Billboard Music Awards)」と「アメリカンミュージックアワード(American Music Awards)」に続き「グラミー賞」までアメリカの3大音楽授賞式でいずれも単独舞台を披露したBTSは、所属事務所を通じて「グラミー賞で錚々たるグローバルミュージシャンとともにノミネートされたことに続き、念願の単独公演まで披露した。意味ある瞬間として記憶されるだろう。」とし「すべてARMYの皆さんのおかげだ。次の目標に向かって休まず進んでいく」と伝えた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)