Adoの「うっせぇわ」が『レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2021年2月度』初の月間ランキング1位を獲得したことが11日、わかった。

 「レコチョクランキング」ではAdo「うっせぇわ」が初の月間ランキング1位を獲得した。2020年10月23日(金)に配信開始された「うっせぇわ」は、その正体はベールに包まれている現在18歳の女子高生シンガー、Adoが歌うメジャーデビューシングル。作詞・作曲はネットで音楽活動をしているsyudouが手がけている。レコチョクの月間ダウンロードランキングでは、2021年1月度に5位に急上昇、週間ランキングでも1月20日週のランキングで初の1位、その後も3週連続で週間1位を獲得した。

 Adoの圧倒的な歌唱力と中毒性のある歌詞が相まって、当初は中高生を中心に話題となり、動画投稿サイトやアプリで“歌ってみた動画”が拡散された。その後、今年1月22日に『ミュージックステーション』でテレビ初出演、2月には、朝の情報番組『めざましテレビ』『ZIP!』『スッキリ』や10代向け人気ラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』など、本人による音声のみのメディア出演が増加。MV再生数も2月中に8000万回を突破するなど、“うっせぇわ現象”が幅広い層に広まり、ダウンロードでも月間1位獲得に至った。

 なお、Adoは2月14日(日)のバレンタインデーに新曲「ギラギラ」を配信リリース。「うっせぇわ」とは異なるテイストの“恋をしてギラギラ輝いてやる”という乙女心を歌った孤独のラブソングで、こちらも「うっせぇわ」とともに注目を集めている。

 「アルバムランキング」はYOASOBI『THE BOOK』が月間ランキングで2カ月連続1位を獲得した。1月6日(水)に配信リリースされた本作は、YOASOBI初のEP。「レコチョクランキング」1月度1位に輝いた「夜に駆ける」をはじめ、「あの夢をなぞって」、「たぶん」、「ハルジオン」、「群青」、「ハルカ」、「アンコール」など全9曲を収録。

 2月14(日)に実施した自身初の配信ライブ『KEEP OUT THEATER』では、リアルタイムで4万人が視聴する中、同EP収録曲中心にパフォーマンス。その模様は多くのテレビ番組でも取り上げられ、TBSテレビ『Nスタ』では密着映像もオンエアされた。月末には、一発撮りYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』で「群青」をメディア初披露すると、早くも翌日に再生回数200万回を突破。1月度に続いて関連トピックが多かったことも、人気曲を網羅した同EPのダウンロード数を伸ばし続ける要因となった。

Ado1位受賞コメント

未だに実感が湧きませんが、「うっせぇわ」が多くの方々に届いた事はとても嬉しいです。

この曲を作ってくれたsyudouさんを始めボカロPの方々や私を支えてくれている人達、楽曲を聴いてくださる方々の為に、これからも一生懸命歌います。

私が活動するきっかけとなった歌い手さん、VOCALOID 達に心から感謝しています。

まだまだ未熟者ですが、これからも頑張ります。

Ado

レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2021年2月度(2021年3月1日発表)

レコチョクランキング
https://recochoku.jp/ranking/single/monthly/

1位:「うっせぇわ」Ado (2020年10月23日配信開始) 
2位:「ドライフラワー」優里
3位:「夜に駆ける」YOASOBI
4位:「創造」星野 源
5位:「炎」LiSA

アルバムランキング
https://recochoku.jp/ranking/album/monthly/ 

1位:『THE BOOK』YOASOBI(2021年1月6日配信開始) 
2位:『SOUNDTRACKS』Mr.Children
3位:『SEKAI NO OWARI 2010-2019』SEKAI NO OWARI
4位:『Don't Call Me』SHINee
5位:『ぐされ』ずっと真夜中でいいのに。

※1.レコチョクランキングとは・・・レコチョクで配信しているダウンロード(シングル、ハイレゾシングル)を合算した総合ランキングです。

※2.アルバムランキングとは・・・レコチョクで配信しているダウンロード(アルバム)を合算した総合ランキングです。

※レコチョクアワードとは・・・対象期間中の対象種別それぞれのダウンロード数を集計し、最も多くダウンロードされた楽曲を表彰するレコチョクオリジナルアワードです。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)