竹内まりやの「プラスティック・ラブ」が、カルバンクラインの全世界向けのWEB CMに同曲が起用されたことが4日、わかった。

 「プラスティック・ラブ」は84年発売のMOONレーベル移籍第1弾アルバム「Variety」に収録された、竹内作品の中でも特別な人気を誇る楽曲だが、37年の時を超え、世界でも有数のブランド、カルバンクラインの全世界向けのWEB CMに同曲が起用されたことが分かった。

 「プラスティック・ラブ」は近年の世界的なシティポップ~フューチャーファンク・シーンでの80年代ジャパニーズ・シティポップの再評価により、そのムーブメントの代表曲として海外を中心に人気の楽曲であり、数年前から、YouTubeに非公式にあげられた動画は驚異的な再生回数を誇り、なんどか削除された後も、再投稿され、現在も5,000万回以上の再生を突破し、コメント欄もほぼ全てが海外リスナーからの書き込みとなっているのも、この楽曲の海外人気を表している。

 今回、カルバンクラインの全世界でのWEB CMに起用されたのも、この海外での人気の高さと無関係ではないだろう。このWEB CMにはオーストラリア出身の俳優であるジェイコブ・エロルディが出演している。

 尚、2019年には時代に合わせた楽曲の新たな解釈として、新たにプロモーションビデオが作成されており、昨年11月に発売された、キャリア初の映像商品「souvenir the movie 〜MARIYA TAKEUCHI Theater Live〜(Special Edition)」にも、そのフルサイズ映像が収録されている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)