田中芽衣



 モデルで女優の田中芽衣(23)が26日、都内で1st写真集『1C0N』(東京ニュース通信社刊)発売記念会見を行った。

 【動画】美デコルテが映えるビスチェスタイルの衣装で会見に臨んだ田中芽衣

 芸能生活10年目を目前に発売。「出したいと思っていた」という写真集が発売され「嬉しい」と喜んだ。

 撮影は、マレーシアで実施。首都クアラルンプールをはじめ、マラッカとポートディクソンの3都市を訪れた。「現代的なものから歴史を感じさせるものもあって、いろんな時代にタイムスリップしている感覚がありました。いろんなシーンの自分を写せたと思います」

 写真集ではこれまでの少女っぽさから大人への女性と変化していく姿を収めた。「10代でデビューした分、少女っぽさや幼い可愛らしさを大事にしてきました。例えば黒髪や前髪が短いイメージとか。そうした今までの私の要素と、自然のなかで大人らしい下着っぽいカットを入れたこと、少女から大人になれた変化が出せたのかなと思います」

 マレーシアならではのカラフルな街並み、夜の市場、ビーチリゾートなど多岐にわたるロケーションを巡り撮影した。大胆な露出カットにも挑んだ。夕日が沈む海辺のカットでは、素肌の上に着用した透け感のあるワンピース姿のまま、海に入ってドラマチックに撮影した。ホテルの部屋では、フェミニンなランジェリー姿にも挑んだ。「エロというよりかはアートとして、女の子からたくさん支持して頂けたらと思い撮影しました。緊張やドキドキはありませんでした」

 幻想的な写真が並ぶ。「あまり決め込まずに、高速道路で立ち寄ったパーキングで撮影したり、その場の雰囲気で撮ったものもあるので、自然体で臨めたと思います。雨が降っていたけど撮影が始まったら晴れたりと奇跡的なことも多くありました」

 田中が理想とするボディは「骨格を活かした肉付きのある体が美しいと思っています」。それを作り上げるために撮影までの1カ月間、「毎日サウナに行くか、半身浴をしたり、ピラティスもしました。お尻のトレーニングでは筋膜リリースと言って、作り込んだら次の日は解して、それを繰り返して、鍛えるだけではなく、しなやかなボディを目指しました」

 そうして鍛え上げられた圧巻の美ボディ。色っぽくもかわいい、田中芽衣だからこそ表現ができる、美しい姿が収められた。「完璧を作ろうとしなかったからこそ完璧を超えるものができました」とし自己採点「100点満点で120点!」と付け胸を張った。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)