(C)2023『おまえの罪を自白しろ』製作委員会

 中島健人と堤真一が初タッグを組む映画『おまえの罪を自白しろ』(10月20日公開)。犯人からの要求が“罪の自白”という前代未聞の誘拐事件をめぐるタイムリミットサスペンスで、緊迫感で溢れスピーディーに展開される。主演の中島はサスペンス要素だけでなく「ドラマチックに描かれる人間ドラマ」が見どころのひとつだと明かしている。

 本作は、江戸川乱歩賞をはじめ、数々の賞を受賞する社会派ミステリーのヒットメーカー・真保裕一氏の同名小説を、映画『舞妓 Haaaan!!!』(07)をはじめ、ドラマ「Mother」(10/NTV)「Woman」(13/NTV)など多くのヒット作を生み出してきた水田伸生監督が映画化。

 疑惑を抱える国会議員・宇田清治郎(演・堤真一)の、幼い孫娘が誘拐された。犯人からの要求は身代金ではなく、「明日午後5時までに記者会見を開き、おまえの罪を自白しろ」という脅迫だった。清治郎の息子で議員秘書を務める宇田晄司(演・中島健人)は、家族の命を救うため、前代未聞の大事件に挑む。

 選ぶべきは国か、家族か―。幼い家族の命を懸けた緊迫感溢れるタイムリミットサスペンスである本作の見どころの一つは、前代未聞の誘拐事件を通して描かれる“家族の物語”。

(C)2023『おまえの罪を自白しろ』製作委員会

 本作では、家族の命を救うために奔走する息子・晄司と、それに反して口を閉ざし続ける父・清治郎のように真っ向から対立しすれ違う親子や、誘拐された娘を一心に想う母・麻由美(演・池田エライザ)のように互いを想う家族の姿が印象的に映し出され、本格サスペンス作品でありながら同時に上質なヒューマンドラマも描き出している。

 そんな本作について主演を務めた中島は「人間ドラマとしてドラマチックなエピソードが描かれていますし、サスペンスとしても楽しむことができる。劇場に来られる方々が観たいものが詰まっている映画だと思います。人と人の関係性、感情を説明しすぎないのも本当に素敵で、センスがすごいと思いました。多角的な視点でこの映画を楽しんでほしいです」と、サスペンス要素だけに収まらない本作の魅力をアピールした。

 さらに、政治家一家という一見複雑にも思える家族を、どこにでもある一つの“家族”として丁寧に描いた本作に込められたメッセージについて、中島は「世代で伝えたいメッセージが変わってくるかもしれないと思いました。いかに人と向き合うことが大切なのか。向き合わない中で宇田家のような摩擦が生まれてしまった時、振り向いて、少しでも対応すれば摩擦は起きないかもしれない。この映画を通して、お父さん、お母さんだったら、子どもにこれが言えてなかったなって振り返ったり、若者世代からしたらもっと自分のやりたいことを伝えていくべきなのかなとか、自発的になれるかもしれません」と、本作で描かれた人間ドラマに想いを馳せつつ語った。

(C)2023『おまえの罪を自白しろ』製作委員会

 そんな中島が演じるのは建築会社を設立するも倒産し、やむなく国会議員の父・清治郎の秘書を務めながら煮え切らない日々を送っていた政治家一家・宇田家の次男・晄司。ある日、一家の長女 麻由美の幼い娘が誘拐されてしまう。犯人からの要求は、「これまでに政治家として犯した罪をすべて自白しろ」という清治郎への脅迫だった。そんな状況下でも内閣府副大臣という地位と権力に固執し、口を閉ざす父に対するもどかしさから、晄司は怒りをあらわにして父と真っ向から対立。警察やマスコミ、国民までをも巻き込む壮大な事件に立ち向かうこととなる…。

 張り詰めた緊迫感の中、スピーディーに展開される物語の中で、“人と向き合う大切さ”をドラマチックに描いた本作。中島も語ったように、サスペンス要素はもちろんのこと、多角的な視点で劇場にて堪能してほしい。

 「おまえの罪を自白しろ」という清治郎への脅迫に対し、果たして晄司は罪に隠された真相を暴き、誘拐された家族の命を救うことができるのか!?本作のコピー「本当の敵は、誘拐犯か、この国か。」が示唆する、本当の敵とは?命のタイムリミットが迫る中、罪の真相を暴くために晄司が下す決断とは?壮大なスケールで描かれる前代未聞のタイムリミットサスペンスに注目だ。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)