香取慎吾

 香取慎吾が、来年2月から上演される『テラヤマ・キャバレー』で主演を務める。寺山修司役に初挑戦する。

 2024年2月に日生劇場、3月に梅田芸術劇場メインホールで、『テラヤマ・キャバレー』を上演される。2023年、寺山修司は没後40周年を迎えた。演劇、映画、ラジオ、テレビ、詩といったおさまりきらないジャンルにおいて、人々を惹きつける数多くの作品、言葉は、今もなお輝き続け、当時の寺山修司を知らない若者の世代にも注目されている。

 この物語は、寺山修司が亡くなる前夜から始まる。寺山修司47歳、死を迎えるその瞬間何を思ったのか?自身の死をも劇化し人々に何かを残そうとした寺山修司。まだ残したい言葉がある、胸躍るようなスペクタクルが作りたい、人生という物語を完結させたくない、死を目前にしても、作品を創ることへの熱い思いは消えなかった。

 寺山の前に「死」という登場人物が現れ、「死」と寺山の間で取引が交わされる。「日が昇るまでに、私(死)を感動させられる作品を作る猶予をあげよう」。寺山の残された命はいかに?最後に作りたい作品は完成するのか?「死」を感動させるため、また寺山自身も満足するまで、寺山最後の作品を命がけで作ろうとする個性あふれる劇団員たちと共に作り上げた作品とは?

出演者

 演出には、ウエストエンド、ブロードウェイ、日本とさまざまな国で活躍してきたデヴィッド・ルヴォーを迎える。

 主演は、寺山修司役初挑戦となる香取慎吾が決定した。ふたりの初顔合わせに注目だ。また共演者には、成河、伊礼彼方、村川絵梨、平間壮一、凪七瑠海(宝塚歌劇団)など、さまざまな舞台で活躍する素晴らしい役者がそろった。

 そしてこの斬新な切り口の物語を新進気鋭の劇作家・池田亮が書き下ろしました。「あしたのジョー」他、寺山修司による作詞の楽曲を数多く交えて、生演奏でオリジナル音楽劇として届ける。

 また豪華出演者が担う寺山劇団員によるパフォーマンス、寺山修司の「いたずら心」「遊び心」も見え隠れする本は、この作品の見所のひとつだ。

 [東京]2024年2月9日(金)~29日(木) 日生劇場

 [大阪]2024年3月5日(火)~10日(日) 梅田芸術劇場メインホール

香取慎吾:コメント

 死を迎える寺山修司を演じます。

 デヴィッド・ルヴォーさんが奏でる寺山修司に、僕の今をぶつけます。

 熱いキャバレーになりそうです。

 心燃やして参加します。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)