川栄李奈、福地桃子が、2024年に上演する舞台『千と千尋の神隠し』で主人公・千尋役を演じることが決まった。2022年初演からのオリジナル・キャストとして同役を演じてきた橋本環奈と上白石萌音は続投する。川栄、福地がオーディションを経て、新・千尋役として出演。4人の千尋が帝劇の舞台に立つ。

 2022年、宮﨑駿による不朽の名作『千と千尋の神隠し』を英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名誉アソシエイト・ディレクター、ジョン・ケアード翻案・演出により世界で初めて舞台化。主人公・千尋役をその人気と実力で数々の映画やドラマに出演し、本作で初舞台を飾った橋本環奈と、ドラマや舞台に加え声優や歌手としても活躍の場を広げる上白石萌音のWキャストが演じ大きな話題を呼んだ。

 昨年の公演時には、日本の5大都市劇場(東京・帝国劇場/大阪・梅田芸術劇場メインホール/福岡・博多座/北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru/名古屋・御園座)でロングラン公演を達成。また、初演公演中の2022年5月には、大衆演劇の優れた業績を表彰する『第47回菊田一夫演劇賞』で上演関係者一同が菊田一夫演劇大賞を受賞する快挙を成し遂げるなど、演劇界を超えて日本のエンターテイメントを大いに盛り上げた。

 2023年8月、名古屋・御園座の公演では、それまで新型コロナウイルス禍のためかなわなかった、英米のクリエイティブスタッフ来日も実現。日本のスタッフ・キャストと共にアップデートを重ね、8月26日に無事幕を下ろした。

 2024年は3月の帝国劇場からスタートする全国ツアー(4月【名古屋】御園座、4~5月【福岡】博多座、5~6月【大阪】梅田芸術劇場メインホール、6月【北海道】札幌文化芸術劇場 hitaru)が予定されている。

 そして4月から7月にかけて、ロンドン・ウェストエンドのロンドン・コロシアムでの初の海外公演が決定し、いま最も注目される演劇作品だ。

 このほど2024年公演に出演する、千尋役4人のキャストが発表された。既に発表されている22年初演からのオリジナル・キャスト、橋本環奈と上白石萌音に加え、川栄李奈、福地桃子がオーディションを経て、新・千尋役として出演することが決定した。4人の千尋は帝劇の舞台に立つ。なお全国ツアーとロンドン公演のローテーションは調整中だ。

■千尋役:川栄李奈コメント

――出演にあたってのメッセージ

 新しく千尋を演じさせていただくことになりました。

 去年の初演を観劇させてもらった時、細部にまでこだわった演出やキャストのみなさんの熱量を肌で感じ、とても感動したのを今でも覚えています。

 まさか自分が千尋を演じられるとは思ってもいなかったので、もうすでに緊張していますが、心強いカンパニーの皆さんにしっかりと食らいつき、最高の作品をお届けできるよう頑張りたいと思います!

 楽しみにしていただけたら嬉しいです。

■千尋役:福地桃子コメント

 この度、千尋役を務めさせていただくことになりました。

 映画「千と千尋の神隠し」は3歳の頃、4歳の兄と母にせがんで映画の初日に渋谷の映画館へ並んで観た記憶があります。奇妙だけれどなんだか惹きつけられる作品の力強さを幼心にも覚えています。

 来年3月帝国劇場から再スタートするという素晴らしいエネルギーと共に、素敵なカンパニーの皆さんと自分自身としっかり向き合い努めてまいります。宜しくお願い致します。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)