一句詠む山崎怜奈©SDGs EDOGAWA ONLINE HANABI FESTIBAL supported by TGC

 山崎怜奈が5日、都内で生配信された特別番組『SDGs EDOGAWA ONLINE HANABI FESTIVAL supported by TGC』に出演。江戸川区花火大会で夜空に上がる花火をバックに浴衣姿でトークに臨んだ。

 江戸川区出身の山崎。この日共演した小室安未とは同じ小学校に通っていたことを配信前に知り驚いた事を明かした。江戸川区花火大会は幼少期、「実家からお団子食べながらパジャマ姿で見ていました。今日はちゃんと綺麗にしてもらって素敵な場所で見られるのが初めての経験」と喜んだ。

 この日は地元のインド料理なども振る舞われ「美味しいです!」と舌鼓を打った。更に花火プログラム「色彩のカルテット」では同郷の中町綾と花火を見ながらトーク。「すごくカラフルで鮮やかで綺麗」と目を輝かせた。中町綾とは通っていた小学校と中学校が「ほぼ隣」にあったそう。「江戸川区出身としては花火を見ると懐かしく、帰ってきたなと感じる」と夏夜に彩る花火に想いを馳せた。

花火をバックにインドカレーを食べる出演者©SDGs EDOGAWA ONLINE HANABI FESTIBAL supported by TGC

 さらに共演者と共に、花火を見て江戸川区の魅力を踏まえて一句。山崎は「俳句の番組に3カ月ほど出させて頂いたのでここはしっかりやらないと」と<虹色に 彩る花火 江戸川区>と詠んだ。

 本番組は、4年ぶりの開催となった江戸川区花火大会をバックに、“SDGs未来都市”とする江戸川区の取り組みや魅力を発信する企画を実施。トレンディエンジェルをMCに山崎ほか、小室安未、内藤秀一郎、中町綾、バンダリ亜砂也、ゆいちゃみ、ゆうちゃみが浴衣姿で出演した。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)