広瀬すずと松坂桃李

 多摩市民などからなる実行委員会が表彰する『第14回TAMA映画賞授賞式』が26日、東京都多摩市のパルテノン多摩・大ホールで行われ、広瀬すずが最優秀女優賞、松坂桃李は最優秀男優賞を受賞した。

 共演した映画『流浪の月』での芝居が評価された。本作は、10歳のとき以来、誘拐事件の“被害者”というレッテルを貼られて生きてきた女性・家内更紗(広瀬すず)と、その事件の“加害者”としてのレッテルを貼られて生きてきた当時19歳の青年・佐伯文(松坂桃李)の物語。李相日監督がメガホンを握った。

 李監督作への出演は広瀬は『怒り』以来2作目。松坂は本作が初だった。

 松坂「今から始まるシーンのディスカッションして、リハーサルなどを重ねていろんなスタッフさんを呼んで初めてテストする現場が初めてで新鮮でした。そんな濃厚な現場を最初から踏んでいたと思うとすごいなと。広瀬すずという人は」

 広瀬「『怒り』の時は初日にカメラを回すことなく終わって。早朝から夕方までワンカットも撮れずに終わって。監督には思っていたことがあったと思うんですけど、今回は初日、撮れて安心して。こんな感じだったなと。一人じゃなかったというか文という自分のなかの支えになっている人、現場でも桃李さんがどんどんそう思える時間がたくさんあったので心強かったです」

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)