サントリー「ボトルは資源!」篇

 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が出演する、サントリーのサステナブル新CMが10月11日から全国で放送開始される。

 新TVCMは、「ボトルは資源!(香取)」篇(30秒)、「ボトルは資源!(稲垣)」篇(30秒)、「ボトルは資源!」篇(60秒)の3本。

 「ノンアルでワインの休日」の稲垣吾郎、「GREEN DA・KA・RA」ブランドの草彅剛、「サントリー天然水」ブランド、「金麦<ザ・ラガー>」の香取慎吾という、サントリーブランドのCMキャラクターをそれぞれ務める3人がブランドの垣根を越えて集結した。

 その内容は、自宅のベランダで香取が、空港の入り口で稲垣がそれぞれ商品を飲んだ後、ペットボトルの分別作業を行い、「君たちは、ゴミじゃない。資源だもんね」と回収ボックスに入れる。

 CM後半には、草彅がペットボトルの回収作業を行う清掃員役として登場。劇中で発する「助かるわ~」というセリフに、ペットボトルの正しい分別が環境のみならず、その先の作業を行う清掃員への配慮にもなるというメッセージを込めた。

撮影エピソード

 撮影前、制作チームからのレクチャーを受けて、「ボトル to ボトル」水平リサイクルの推進や、ペットボトルを資源置き場や回収ボックスに投入した後のことを考える大切さについて、改めて理解を深めた3人。

 稲垣と香取は、飲んだ後を描くという初体験の撮影に驚きつつも、持ち前の自然体の演技と落ち着いたトーンのセリフ回しで一発OKを連発。一方、清掃員を演じる草彅は、「すごく重要な役どころを任されました」「2人とは心構えが違います」と自らが今回のキーマンであることをアピール。監督のリクエストに応えて、さまざまなニュアンスの表情やセリフを収録し、最もメッセージが伝わるベストショットを追求していた。

 また、久々に同じ空間でお芝居することを楽しんでいた3人。気心の知れた間柄だからこそ醸し出せる、独特の空気感と安心感、チームワークが印象的で、現場を大いに盛り上げていた。

3人の共演は「新鮮」

 サントリーグループのCMとしては初めて、3人そろっての出演となる。

 草彅「久しぶりに吾郎さんと絡んで。一緒にお芝居して新鮮でした」

 稲垣「ドラマとかと状況は一緒だもんね」

 草彅「稲垣吾郎さんのおかげで自然体で演じられた」

 稲垣「僕も、気づかなかったんで」

 草彅「役にはまっていたってことですね。役者冥利につきる。役に同化してね」

 香取「似合ってますよ!」

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)