現実空間でパフォーマンスするAKB48 SURREAL(下)。リアルタイムで映像化されバーチャルメンバーSURRYと交えたパフォーマンスとして映し出される(上)

 AKB48の小栗有以、倉野尾成美、下尾みう、千葉恵里、山内瑞葵が28日、都内で行われた「NTTドコモ VR新会社」記者会見に登壇した。

 メタバース、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)などの事業を手掛ける新会社「NTTコノキュー」が発足され、10月1日から事業が開始される。

 『AKB48 SURREAL(サーリアル)』は、ドコモが提供するメタバース「XR World」専用のアイドルユニット。リアルとバーチャルを混合させたユニットは国内初という。

 メンバーは、YUI YUI(小栗有以)、NARU(倉野尾成美)、MIU(下尾みう)、ERII(千葉恵里)、ZUCKY(山内瑞葵)、そしてアバターで参加するバーチャルメンバーSURRYの6人。

 専用空間「AKB48 SURREAL Theater」は10月5日に提供開始される。

 この日は、オリジナルの新曲「わがままメタバース」を初披露した。同曲は、10月19日に発売されるAKB48通算60枚目となるシングル「久しぶりのリップグロス」のカップリングに収録される。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)