94年7月21日に発売され社会現象にもなった名曲「恋しさと せつなさと 心強さと」が28年の時を経て、再び小室哲哉が自らリアレンジし、篠原涼子が歌い直した「恋しさと せつなさと 心強さと 2023」が9月17日より各種音楽サイトより配信がスタートした。

 【動画】公開された「恋しさと せつなさと 心強さと 2023(Lyric short ver.)」

 オリジナル「恋しさと せつなさと 心強さと」は劇場用アニメ『ストリートファイターII MOVIE』の挿入歌として起用され、ダブルミリオンセラー記録した大ヒットした名曲だが、今年ストリートファイターシリーズが35周年を迎えると共に、来年2023年に発売される「ストリートファイター6」の日本イメージソングとして今回の「恋しさと せつなさと 心強さと 2023」が完成した。

「恋しさと せつなさと 心強さと 2023」ジャケ写

篠原涼子コメント

「『恋しさと せつなさと 心強さと』は自分の人生を変えてくれた曲で、小室哲哉さんがこの曲を与えてくださらなければ、この仕事をやってなかったかもしれないと思うくらい、小室さんに出会えて心から感謝しています。今回新しいバージョンの「恋しさと せつなさと 心強さと 2023」が完成しましたので、オリジナルを聞いたことがある人も、また新しい気持ちで聞いていただければと思います」。

小室哲哉コメント

 この度、僕がリアレンジし篠原さんに改めて歌い直してもらった『恋しさと せつなさと 心強さと 2023』が「ストリートファイター 6」の日本イメージソングとなりました。この曲は28年前、僕の中でも大ヒットした楽曲で、自分のプロデュースの中でもすごく自信をつけさせてもらって感謝している曲です。オリジナルの「恋しさと せつなさと 心強さと」がリリースされた当時のゲームは「スト2」と言われていて、ゲームのキャラクターにファイターがたくさんいるんですが、一人 “春麗”という女性ファイターが篠原涼子ちゃんとイメージがかぶって、ファイターたちを応援している目線で歌詞を書きました。他人からは強そうに見える人でも、恋しくて、せつなくて、でも心強くて。というところから出てきた言葉でした。また新しいバージョンも、歌詞はオリジナルのままなので、是非みなさん新しく涼子ちゃんが歌った歌で歌詞を噛み締めて聞いてもらえると嬉しいです」。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)