矢沢永吉が仕掛ける音楽フェス、「E.YAZAWA SPECIAL EVENT ONE NIGHT SHOW 2022」が7月2日と3日の2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場4-6 ホールにて開催された。同イベントは2019年に矢沢が70歳を迎えた年に「一夜限りの祭りをしようぜ!」という想いのもとで第1回を開かれた。続く翌年(2020年)も開催が予定されていたが新型ウィルス感染拡大の中、発表されないまま延期。2年の月日を経て、今回ようやく2回目の開催に至った。Day1(7月2日)に布袋寅泰、SUPER BEAVER、BiSH、Day2(7月3日)には打首獄門同好会、サンボマスター、氣志團らが参加。矢沢永吉は両日出演した。

布袋寅泰

布袋寅泰(撮影=ほりたよしか)

 16時になるとスクリーンにオープニング映像が流れ、最初の出演アーティストの名前が映し出され、場内が騒然となる。なんと幕開けは布袋寅泰! 1曲目「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」のイントロが流れるや再び場内騒然。そこへヒョウ柄のコートを纏った布袋寅泰が登場し、お馴染みのフレーズを爆弾き! 間髪入れずに「スリル」、COMPLEXの「BE MY BABY」と続く。さらに今日のためにCAROLの「ファンキー・モンキー・ベイビー」をカバーすると、ボルテージは最高潮に。ここからBOOWYの「マリオネット」を叩き込む。『スリル〜BE MY BABY〜ファンキー・モンキー・ベイビーの3連発は2度とないだろうね』と自らのインスタグラムで明かすほど”ロックンロール・ジェット・コースター”な選曲。布袋は2020年の第2回に出演を予定していただけに、本イベント参加への想いはひとしお。『矢沢フェスだけは断る理由がない!』と断言し客席を沸かす。また『会場をあっためていこうと思います!』と宣言通り、後半もヒット曲の連打で客席をしっかりヒートアップさせる。ラストはBOOWY時代の「Dreamin'」。サビのパートでは全員が右腕を大きく降って心の中で合唱。最後のフレーズを弾き終えると、右腕で小さくガッツポーズ! 目が覚めるような圧巻のステージだった。

BiSH

BiSH(撮影=平野タカシ)

 2番手は「ONE NIGHT SHOW」初の女性アーティスト、BiSHの6人。観客の大半が矢沢永吉ファンで占められるアウェイ環境の中、冒頭から激しいダンスに美しいフォーメーション、全員で歌い継ぐボーカルで客席を圧倒し続ける。『今日は初めて矢沢さんのフェスに呼んで頂き、とても光栄に思います』とセントチヒロ・チッチが謙虚に語り、ハシヤスメ・アツコは『ここへ来る時に、矢沢さんの格好をした方をたくさん目撃し、(矢沢さんは)スーパー・スターだなぁ! と思いました。50周年おめでとうございます!』とあいさつすると矢沢ファンから大きな拍手を受け。後半も熱量満開のパフォーマンスを続け、ラストはセントチヒロ・チッチの『行きますよ!』の声とともに鉄板ナンバーの「beautifulさ」に突入。左右に大きく広がって美しいハーモニーを聴かせながらグイグイと引き寄せてくる様はさすが。BiSHファンの間ではお馴染みの” とげとげダンス”も、気がつけば、観客の殆どが彼女たちと合わせて踊っている! 最後はチッチからの『せーーーーーっの!!!』の掛け声でオーディエンスとメンバーが一斉にその場でジャンプ! 見事にステージと客席を一体化させステージを降りた。

SUPER BEAVER

SUPER BEAVER(撮影=ほりたよしか)

 3番目に登場したのはSUPER BEAVERの4人。客電が明るく灯る中、ステージにメンバーが登場し演奏スタート。徐々にテンポアップすると照明は落とされスポットライトに浮かんだのはボーカルの渋谷龍太。『短い時間ですけど、精いっぱいがんばります!』と「名前を呼ぶよ」「証明」を演奏。渋谷は『今年で18年目を迎えますSUPER BEAVERと申します』と先ずは自己紹介。『18年、真剣に音楽やってると、矢沢さんに呼んでもらえるんだなぁ。とっても光栄だと思ってます。今日は音楽が好きで、この場所に足を運んでくれた、あなたのためのステージだと思ってます!あなたのためだけに歌います!』と歌い出したのは「時代」。なんと渋谷はマイクから遠く離れ地声のアカペラで広い会場にその声を響かせる。メンバーの「Who, Wooh」のコーラスをバックに噛みしめるように歌っていくと、オーディエンスもこれに応え、両腕を上に上げて前後にゆっくりと動かす。会場全体が大きな波が打ったようにみえる光景は壮観だ。『18年やってると俺たち、もう中堅かと思ってましたけど、今日のラインナップの中では、まだまだ青いっす』と謙遜しながら『あなたの前で、あなたと一緒に音楽やれてるのは、ひとえにあなたのおかげです!』とこの日集まった観客に感謝し、『今まで背負ってきたもの、これから背負うべきもの。精進しながら続けていきたいと思っています!』と宣言。最後は「人として」。これまでの激しいパフォーマンスは封印し壮大なナンバーを朗々と歌い上げる。スクリーンに歌詞を映し出し、メッセージをしっかり観客の胸に刻みこんだ。

矢沢永吉

矢沢永吉(撮影=平野タカシ)

 転換時間の間、恒例の”永ちゃんコール”は声を出せない代わりに、ハンド・クラッピングで矢沢の登場を今か今かと待ちわびる。19時を過ぎると客席が暗転し、『ようこそ!よろしく!』と白いシャツに白いパンツ姿の真打・矢沢永吉がステージに降臨。左右のステージから一斉にスモーク砲が発射され、流れてきたイントロは「止まらないHa-Ha」。いつもなら後半のナンバーである同曲がなんと1曲目。いきなりの度肝を抜く選曲にオーディエンスも少々とまどいながらも大喜び。続く曲の前に矢沢はシャツを脱ぎ捨て白いTシャツ姿になり、『ロックンロール!』とシャウトしながら「傘」「SHAKE ME」と続ける。この日の矢沢の第一声は『今年の最初のステージです。あがっております。』膨大な数のステージを踏んでいる矢沢永吉から、まさかの“あがってます”発言。客席も大きな拍手をおくる。

 『3年前に、今、旬でバリバリにきてるメンツと矢沢永吉が一緒になってロック、盛り上げようぜ! と、このONE NIGHT SHOWがスタートしました。次の年も、次の次の年もやろうよって思ってたらコロナになったんだよね。僕だけじゃなくて、みんな引っ張り回されまして。3年後の今日が2回め! 今年は50周年でいろんなことやるんだけど、今日が最初のステージ。ほんとに嬉しいです。矢沢のバラード・ナンバー、紹介したいと思います』とアコースティック・ギターを爪弾きながら歌ったのは「チャイナ・タウン」。続いてバラードの名曲「YES MY LOVE」を情感たっぷりに歌い込む。「チャイナ・タウン」は、1978年にリリースされた作詞家の山川啓介が書いた楽曲。あらためて読むと『横浜で上を目指してライブハウスでやっている時の、空のポケットに夢だけ詰め込んでた頃』が詞の中で描かれているという。『(山川啓介は)よく見てるなぁと思ったんですけど』と少しセンチメンタル気味に遠い日を振り返る一幕も。

 そしてステージは再びアップチューンの「BIG BEAT」に。後半、ステージ下手から布袋寅泰が登場し参加。矢沢の”C’mon C’mon C’mon”に誘われるよう上手からBiSH、下手からSUPER BEAVERも舞台に上がり、出演者全員で「BIG BEAT」を締める。『ステージはドキドキと最高が入り混じってて』と照れながら『みなさん、楽しんでくれてますか! 最後の曲行きます!』とテレキャスター・ギターを激しくかき鳴らしながら「サブウェイ特急」を歌い、アウトロの演奏が続く中『ありがとう!』と手を振りながらステージを降りた。

矢沢永吉(撮影=平野タカシ)

 アンコール。『行くぞ!』の掛け声と共に始まったのはデビュー・アルバム(1975)に収められた「恋の列車はリバプール発」。古参ファン歓喜の初期曲連打に観客は大興奮。声を出せない中ではあるが、熱気に場内は包まれた。『ありがとう!ロックンロールに感謝しようぜ!』と残し、ステージを完走した。

セットリスト

E.YAZAWA SPECIAL EVENT ONE NIGHT SHOW 2022/ Day1
日時:2022年7月2日(土)16時開演/会場:千葉・幕張メッセ 国際展示場4-6 ホール

布袋寅泰

01.BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY
02.スリル
03.BE MY BABY
04.ファンキー・モンキー・ベイビー
05.マリオネット
06.さらば青春の光
07.バンビーナ
08.POISON
09.Dreamin'

BiSH

01.SHARR
02.BiSH-星が瞬く夜に-
03.HiDE the BLUE
04.オーケストラ
05.LiE LiE LiE
06.SMACK baby SMACK
07.FiNAL SHiTS
08.beautifulさ

SUPER BEAVER

01.名前を呼ぶよ
02.証明
03.時代
04.突破口
05.アイラヴユー
06.人として

矢沢永吉;

01.止まらないHa-Ha
02.傘
03.SHAKE ME
04.チャイナ・タウン
05.YES MY LOVE
06.BIG BEAT with ALL出演者
07.サブウェイ特急

ENCORE

08.恋の列車はリバプール発

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)