BTSの「Yet To Come (The Most Beautiful Moment)」ミュージックビデオが1億回再生を突破した。

 【動画】「Yet To Come (The Most Beautiful Moment)」MV

 今月10日午後1時(韓国時間)、全世界に同時公開されたBTSの新曲「Yet To Come」ミュージックビデオのYouTube再生回数が20日午前5時17分頃、1億回再生を超えた。 BTSはこれで通算38作目の億単位の再生数ミュージックビデオを保有することになり、韓国歌手としては最多記録を更新した。

 「Yet To Come」のミュージックビデオは公開時点で最大同時に同時接続者数285万人を超えるなど熱い人気を誇り、公開24時間で4800万再生数を記録した。「Yet To Come」のミュージックビデオは7人のメンバーが過去のミュージックビデオの中の違うオブジェを活用して登場し、見る楽しさが増した。 最初の場面と同じように最後の場面で一ヵ所に集まったBTSは、自分たちが歩んできた道を思い出し、楽しくて自由な雰囲気を演出した。

 一方、BTS新アルバム『Proof』のリード曲「Yet To Come」はミディアムテンポのオルタナティブヒップホップジャンルの曲で、暖かい雰囲気のメロディーに「あなたの最高の瞬間はまだ来ていない」という希望的なメッセージを盛り込んでいる。 この曲はMelon「トップ100」チャート改編以降、K-POPアーティストとして初めて1位を占める栄光を発売1時間で記録し、Spotify「デイリートップソンググローバル」チャート(6月10日付)では3位を記録し「21世紀のポップアイコン」の地位を立証した。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)