鈴木愛理(撮影・木村武雄)

 ファッションと音楽の祭典『Rakuten GirlsAward 2022 SPRING/SUMMER』が5月14日、千葉市美浜区の幕張メッセで行われた。コロナ禍で2年ぶりの開催。多くの観客に囲まれたランウェイをモデルたちは大音量の音楽をバックに華やかに歩いた。

 【写真】フレアシルエットのワンピを着こなした鈴木愛理(全身)

 「dazzlin」ステージの2番手で登場した鈴木愛理はサンセットジオメトリックティアードワンピースを着こなした。トレンドの幾何学柄と同ブランド特有の色合いを融合させた。ボリューム感のあるフレアシルエットで軽やかで涼し気。スカート裾にレースを施して立体感をプラスしている。

 この日のランウェイトップバッターを飾ったのは、滝沢カレン。ほか新川優愛、藤田ニコル、池田美優、生見愛瑠をはじめ、シークレットゲストに青山テルマ、松本まりかが登場。更に、AKB48や櫻坂46、日向坂46のメンバーもランウェイを歩いた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)