妖艶な悪女・女郎蜘蛛を演じた吉岡里帆

 神木隆之介、柴咲コウ、松村北斗、玉城ティナ、磯村勇斗、吉岡里帆、蜷川実花監督が4月29日、都内で行われた映画『ホリック xxxHOLiC』初日舞台挨拶に臨んだ。

 【写真】網タイツに大胆バスト、かなり妖艶な吉岡里帆が演じる女郎蜘蛛のビジュアル

 累計1400万部突破の創作集団・CLAMPのコミックが原作。人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた高校生・四月一日(神木隆之介)が、対価と引き換えにどんな願いも叶えてくれる「ミセ」(店)に迷い込み、ミセの女主人・侑子(柴咲コウ)と出会うことで、不思議な運命に足を踏み入れていく様子が描かれる。

 物語の鍵を握る重要なキャラクターとして、四月一日を襲う妖艶な悪女・女郎蜘蛛を演じる吉岡里帆。妖艶さを際立たせるために、女郎蜘蛛に心酔する手下・アカグモを演じる磯村勇斗と共に、セクシー所作指導としてポールダンサーの演出を受けた。

 「現場でかなり大きな声で『デコルテー!』と言っているのを初めて聞きました。ずっとセクシーとか色気は、ヒップとかバスト、ウエストだと思っていたけど、デコルテなんだという事を現場で教わって。とにかく女性の皆さん、デコルテらしいので、そこを意識するとかなり色気がアップするそうです」と伝えた。

 磯村も当時を回顧。「蜷川組は色気やエロさを多少なりとも要求される。アカグモはそちらを担当する係。指導を受けている自分の映像が残っていて、先生が壁をドンとして(自分の)首の角度をずっと触っていて。すごく恥ずかしかった。それぐらい細かな動きや首の角度をこだわって色気を出していくのは蜷川さんの世界観」と蜷川監督のこだわりを明かした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)