2022年にレコードデビュー50周年を迎える歌手・郷ひろみ(66)のコンサートツアー「Hiromi Go 50th Anniversary Celebration Tour 2022~Keep Singing~」が、4月17日のサンシティホール公演(埼玉県越谷市)からスタートした。

 1972年8月1日に、シングル『男の子女の子』(作詞:岩谷時子/作曲:筒美京平)でレコードデビューを果たした郷。同曲で「第14回日本レコード大賞」新人賞を受賞し、瞬く間にトップアイドルの仲間入りを果たした。その後も『よろしく哀愁』や『ハリウッド・スキャンダル』など数多くの名曲をリリースし、昭和後期を代表する人気歌手へと成長する。平成に入っても『僕がどんなに君を好きか、君は知らない』、『言えないよ』、『逢いたくてしかたない』の“バラード3部作”を立て続けにヒットさせたほか、『GOLDFINGER'99』の大ヒットにより、世代を超えて愛されるカリスマシンガーの地位を確立させた。デビュー以来、リリースされたシングルは実に106枚を数える。

(撮影:大平晋也)

 デビューから半世紀を迎えた現在もなお、その地位に甘んじることなく、毎年精力的な全国ツアーを展開する郷。「Keep Singing」と名付けられた今回のツアーでは、ステージ全体を多層のモニターで構成し巨大な映像と楽曲をシンクロさせるなど、最新技術を駆使したゴージャスなショーで会場に集まった1,600人超の観客を魅了した。

 言うまでもなく、キレのあるダンスパフォーマンスと艶やかな歌声は健在だ。オープニングから『2億4千万の瞳 -エキゾチック・ジャパン-』や『お嫁サンバ』など、自身の代表曲を惜しげもなく連発。さらに、バラードナンバーの『言えないよ』といった誰もが知るヒット曲から、久々に歌う隠れた名曲まで全16曲を、50年の歩みを噛み締めるかのように熱唱した。またその日の気分で決まる「日替わり曲」のコーナーを設けるなど、心憎い演出もみせてくれた。

(撮影:大平晋也)

 「ファンの皆さんの支えによって、歌手・郷ひろみとして50周年を迎えた今、こうして会場で皆さんと同じ時間を過ごせていることを、本当に有難く思っています。僕一人の力だけでは、この大きな節目を迎えることはできませんでした。これからも郷ひろみとして生きる以上は、熱い気持ちと支えてくれる皆さんへの感謝を忘れずに、50年分の誇りを胸に、いつまでも歌い続けていきたいです」と、レコードデビュー50周年への想いと今回のツアーに対する決意を語った郷。10月28日(金)に東京国際フォーラムホールAで行われる最終公演まで続く、全国59ヶ所を巡るツアーで築かれるだろう。

(撮影:大平晋也)

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)