「第36回日本ゴールドディスク大賞」受賞作品・アーティストが14日、発表された。葉加瀬太郎のアルバム『SONGBOOK』が「クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

 「クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」は、対象期間中に発売されたアルバムで正味売上枚(組)数が最も多い作品に贈られる賞。受賞した『SONGBOOK』はソロデビューから今に繋がる自身のヒット曲の数々を新録。更にはテレビ朝日系「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」テーマソング”博士ちゃん”をはじめ、ソロデビュー25周年の先、未来へと向かう葉加瀬太郎のストーリーとなる新曲もレコーディングし、作り上げられたアルバム。

 今回の受賞作品・アーティストは、70作品・アーティストとなり、この1年間に最も活躍したアーティストに授与される「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門は、Snow Manが初受賞、洋楽部門はザ・ビートルズが4年ぶり7度目の受賞となった。

葉加瀬太郎 受賞コメント(抜粋)

 アルバム『SONGBOOK』が第36回日本ゴールドディスク大賞「クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞したということで大変光栄です。このアルバム『SONGBOOK』は、自分の代表曲「情熱大陸」「エトピリカ」はもちろん、新曲を含めて初めてコンサートのツアーバンドメンバーとレコーディングした作品です。音楽でできることを発信し続けていきたいと思っています。

■日本ゴールドディスク大賞ならびに対象期間について

 日本ゴールドディスク大賞は、当協会が1987年に制定し、以来毎年当該年度のレコード産業の発展に 大きく貢献したアーティストおよび作品を顕彰している。

 本賞の選考基準は「CD、音楽ビデオ等の正味売上実績(総出荷数から返品数を差し引いたもの)と音 楽配信の売上実績」という客観的な指標に基づく。

 なお、第36回 日本ゴールドディスク大賞は、当該年度(2021年1月1日~12月31日)の売上実績に基づき各賞を授与。ニュー・アーティスト賞のデビュー対象期間は2020年1月1日~2021年12月31日としている。

■アーティスト・オブ・ザ・イヤーについて

 対象期間中のCD、音楽ビデオ、音楽配信等の正味売上金額およびストリーミング小売換算相当金額 の合計が最も多いアーティストに贈られる賞(邦楽、洋楽各1組)。

この記事の写真

ありません

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)