女郎蜘蛛を演じる吉岡里帆(手前)と手下・アカグモを演じる磯村勇斗(C)2022映画「ホリック」製作委員会(C)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD.

 吉岡里帆と磯村勇斗が、映画『ホリック xxxHOLiC』(蜷川実花監督、4月29日公開)に出演することが分かった。吉岡は妖艶な悪女・女郎蜘蛛に、磯村は女郎蜘蛛の手下・アカグモに扮する。

 累計1400万部突破の創作集団・CLAMPの伝説的大ヒットコミックが原作。『ヘルタースケルター』『Dinerダイナー』の蜷川実花監督が、艶やかで華やかな圧巻ビジュアルで今回初の実写映画化に挑む。

 物語の鍵を握る重要なキャラクターとして、神木隆之介演じる四月一日を襲う妖艶な悪女・女郎蜘蛛に吉岡里帆が、そしてその女郎蜘蛛に心酔する手下・アカグモを磯村勇斗が演じていることが分かった。

 人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた高校生・四月一日(神木隆之介)が、対価と引き換えにどんな願いも叶えてくれる「ミセ」(店)に迷い込み、ミセの女主人・侑子(柴咲コウ)と出会うことで、不思議な運命に足を踏み入れていく様子が描かれている本作。

 今回解禁となった吉岡演じる女郎蜘蛛は、“アヤカシ”を操り四月一日を襲う妖艶な悪女というキャラクター。吉岡は「女郎蜘蛛は、映画版では物語の鍵になる、色気がたっぷりで、妖艶で、でも残酷な悪女です。とにかくセクシーな所作が難しくて、工夫の連続なんだなと勉強になりました」と明かしている。

 また、磯村演じるアカグモは、ヒトでありながら女郎蜘蛛を崇拝する手下という、映画オリジナルキャラクター。磯村は「少し色気のある仕草や喋り方で、女郎蜘蛛にうまく転がされているのにそこに興奮してしまうくらいの変態さを持っている。演じる上で難しくもあったんですけど、そこが魅力ですね」と役柄を振り返った。

 蜷川組初参戦となる2人だが、出演について吉岡は「『カードキャプターさくら』世代なので、CLAMPさんの作品のお話をいただけて驚きました。光栄に思います。蜷川監督と「xxxHOLiC」の世界観で、すごく美しい映像が生まれるんだろうなというワクワク感がありました」と歓喜。

 磯村は「ずっと(蜷川監督と)ご一緒させて頂きたいと思っていました。自分のアカグモという役も新たなキャラクターでもあったので、世界観も含めて楽しみにしていました」と語った。

 今回一緒に解禁された蜷川監督撮りおろしのキャラクター写真は、妖しい美しさでヒトを惑わす色気が溢れた見目麗しいビジュアルとなっている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)