(C)豊田悠/SQUARE ENIX・「チェリまほ THE MOVIE」製作委員会

 赤楚衛二と町田啓太が、主演映画『チェリまほ THE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』(4月8日公開)のクランクアップを都内で迎えた。

 約2週間に及ぶ撮影。赤楚よりも一日早くクランクアップした町田。この日は、安達と黒沢がふたりきりで過ごすシーンの撮影が行われた。

 最後のカットを残すのみになると町田は「5年くらいかけて撮りたいね」と冗談めかしつつも名残惜しそうにした。

 翌日の赤楚のクランクアップは、オフィスでのシーンが中心。同僚のキャストの場面は夕方には終わり、最後は一人での演技となり、寂しそうな表情も見せていた赤楚。

 眠い目をこする演技もあったが、風間監督から「眠そうにしないといけないのに、泣きそうになってたでしょ!」との指摘も。クランクアップの挨拶では、目に涙を浮かべながら、素敵な作品に関われたことを振り返っていた。

赤楚衛二:コメント

 皆さま長い間じゃないですけど2週間お疲れ様でした! 前作(ドラマ)は僕の中でも本当に宝物のような作品で、今回こうやって映画に同じチームで臨めるというのが本当に嬉しくて、今回は短い撮影だったんですけど魔法にかかったような素敵なキラキラした日々だったなというのは感じていて、その中でもこの安達っていう役をもう一回生きることができて、そしてまたドラマ以上に成長できたっていうのも嬉しいですし、なにより今ここにいる皆さんとここにいないキャストスタッフの皆さんもこうやって出会えてご一緒できて本当に幸せです。この経験も思い出も僕の宝物になりました。本当にこれからもずっと宝物です。本当にありがとうございました!

(C)豊田悠/SQUARE ENIX・「チェリまほ THE MOVIE」製作委員会

町田啓太:コメント

 「ドラマからまさか映画になるなんて!?」と最初は思っていたんですが、こうして映画を撮り切ることができました。この映画をこれからも大事にしていきたいと思っています。いろんな思いが詰まった作品で僕も本当に大好きですし、これから一生大事にしたいですし、するべき作品だなと心から思っています。本当に皆さんのおかげですし、赤楚くんも本当にお疲れ様です。赤楚くんの主演作に関わらせてもらって光栄でした。優しい雰囲気の中で撮影ができたのも、赤楚くんがいたからだし、いつも笑いながら撮影ができて、本当に素敵なチームでした。これからもこれを糧にがんばっていきたいと思います。長いような短いような時間でしたけれど、深い時間をありがとうございました。

(C)豊田悠/SQUARE ENIX・「チェリまほ THE MOVIE」製作委員会

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)