シリーズ累計出荷枚数が20万枚を越えた森口博子の大ヒットアルバム『GUNDAM SONG COVERS』シリーズの最終章『GUNDAM SONG COVERS 3』より、「翔べ!ガンダム」のミュージックビデオが1日、公開された。合わせて、同作の収録詳細、通常盤ジャケット写真、新アーティスト写真も解禁。更に、5月3日に昭和女子大学 人見記念講堂でライブを開催することも発表となった。

 “大人のためのガンダムソングカバーアルバム”をコンセプトとし、2019年にリリースされた『GUNDAM SONG COVERS』はオリコンウィークリー3位を獲得し、その年の「日本レコード大賞」企画賞を受賞。2020年にリリースされた続編『GUNDAM SONG COVERS 2』はオリコン&ビルボードウィークリー2位を獲得するなど、情感豊かな森口のヴォーカルが再注目を集め躍進を続けてきた本シリーズ。3月9日に発売となる待望の3作目『GUNDAM SONG COVERS 3』は、数あるガンダムソングの中から「男性ヴォーカル」の曲だけをセレクトし、森口がカバー。楽曲ラインアップはもちろんのこと、TM NETWORK、オーイシマサヨシ、押尾コータローなどの豪華コラボアーティストも話題を呼び、2021年末の発売情報解禁直後にAmazon予約ランキング1位、Rakutenブックス予約ランキング1位を獲得している。

 今回ミュージックビデオと共にそのサウンドも初公開となった「翔べ!ガンダム」は、今作の1曲目に収録。テレビアニメシリーズ1作目「機動戦士ガンダム」のオープニングテーマであり、印象的なフレーズ「燃え上がれ ガンダム」が耳に残る、言わずと知れた名曲だ。そんな楽曲を、今作ではなんと森口自身のアイデアによるビッグバンドの大胆なアレンジに!管楽器やコントラバス、ピアノなどによるジャジーなサウンドに、森口の艶やかで力強い歌声が重なり、正に“大人に聞いて欲しい”1曲になっている。

 そしてミュージックビデオは、楽曲の雰囲気に合わせ、重厚なベルベットカーテンと「機動戦士ガンダム」のネオンロゴを背景に、華やかなピンク色のスパンコールのドレスをまとった森口が、総勢11名のビックバンドと共にセッションするという煌びやかで豪華な映像に。楽曲は早速明日2月2日(水)0時より先行配信がスタートされるとのこと。

 又、同時に公開となった『GUNDAM SONG COVERS 3』の通常盤ジャケット写真は、宇宙船にいるかのような空間にロングドレスの美しい裾の広がり、そして目を閉じて祈りを捧げるかのような森口の姿が合わさり、幻想的な仕上がりに。

「GUNDAM SONG COVERS 3」通常盤ジャケ写

 更に本作やこれまでのシリーズを引っさげ、5月3日には昭和女子大学 人見記念講堂にてワンマンライブを行うことが決定。ライブのタイトルは、『Starry People』。宇宙に住む人々を描いたガンダムシリーズにも通ずる森口博子にふさわしいタイトルに、ライブの内容も気になるところだ。チケットは、『GUNDAM SONG COVERS 3』の全形態に先行抽選シリアルコードが封入されるとのこと。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)