村山彩希、岡田奈々、茂木忍、向井地美音

 AKB48の村山彩希、岡田奈々、茂木忍、向井地美音によるYouTubeチャンネル「ゆうなぁもぎおんチャンネル」が21日、チャンネル開設から2周年を迎えたことを受け、記念の生配信企画を実施した。

 一昨年の同日、TOKYO DOME CITY HALLで行われた『AKB48 単独コンサート ~15年目の挑戦者~』で開設することが発表され、その日の夜に1本目の動画を公開した同チャンネル。今年の同日をもって2周年という記念すべき節目を迎えた。

 動画の冒頭では今回の生配信の意図を説明。茂木は「2年って聞くと長そうじゃん? でもあっという間」と感想を述べるなど、それぞれ2周年を感慨深そうに受け止めた。

 今回の生配信ではカルタ対決を実施。過去に同チャンネルで公開してきた動画企画をそれぞれの題目とし、最終的には罰ゲームもおこなうもの。4人での初めての雑誌撮影の裏側、ぐるぐるバット対決、料理対決、イントロドンなど――。4人は解答するたびに当時を振り返る。

 持ち前の元気の良さ、テンポのいいトークで進行する本企画。序盤は岡田が圧倒的な正答率を見せていたが、徐々に他3人も盛り返し、最終的に村山が優勝。ただ、罰ゲームは“女気”を示すこととなり、なぜか村山が“萌えゼリフ”を言う展開に至った。

 カメラに向かってとるポーズや、具体的に発するセリフも決定。いずれも岡田が“プロデュース”した、村山の罰ゲームの結末は――。2周年を迎えても変わらぬ、ゆうなぁもぎおんの仲の良さをストレートに感じる動画の仕上がりとなっている。

 視聴者からは「もう2年も経つんですね...!早い!」「カルタ対決している皆さんの楽しんでる姿にめちゃくちゃ癒されました…!」などの声が寄せられ、「3年目も応援する!」「3年目も楽しみ」と次の1年に向けてのエールや願望なども届けられている。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)