舞台挨拶に登壇した田中美久

 HKT48田中美久が28日、都内で、主演映画『ホラーちゃんねる 樹海』の初日舞台挨拶に登壇。心霊スポットとも言われる青木ヶ原樹海で行った撮影などを振り返った。

 青木ヶ原樹海を舞台にした6作品からなるオムニバスホラー映画。主演を務める田中は、女子高生が行方不明になった動画を見たことをきっかけに自身も樹海に訪れる人気YouTubeの吉岡楓を演じる。

 樹海で撮影。周辺の旅館に宿泊したが「電波が入ってこなくて携帯電話が使えない状態だった」とし、更に電気が点滅するラップ現象も起きたといい「怖かった」

 一方、HKT48のメンバーには霊感があるものもいて「撮影が終わってから「憑りつかれているかな?』と聞いたら『大丈夫』と言ってくれたので安心しました」

 撮影以外での恐怖体験を聞かれ「忘れ物がひどい自分にゾッとしています」と照れながら「家を出た時に財布と携帯を忘れた」ことや「乗り物に乗った時に財布を忘れたことに気付いて、携帯で支払いができたから良かった」と振り返った。

 なお、舞台挨拶にはCHIAKI(CYBERJAPAN DANCERS)、江益凛も出席した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)