梶裕貴、上白石萌歌

 上白石萌歌と梶裕貴が26日、都内で行われた映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』(2月4日公開)の公開前スペシャルイベントに登壇した。

 日本語吹替版声優を務める2人。主人公フィービー役を演じた上白石萌歌は実写映画の吹き替えは初めて。多くの学びがあったようで「新鮮だった」と手ごたえ。完成した作品を見てその物語に「号泣した」と振り返った。

 そのフィービーの兄トレヴァーの声を演じた梶裕貴は幼いころから見ていたシリーズ。子供の頃は掃除機を持って真似するなど入れ込んでいた。そんな作品への出演が叶い、「声優として携われる未来が来たことに驚きと嬉しさがありました。夢のようです」と喜んだ。

 その梶は、本作の見どころも熱弁するなど「ゴーストバスターズ」愛を爆発。あまりの熱の入れように上白石に「興奮しちゃってすみません」と謝りつつ照れ笑いした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)