三代目 J SOUL BROTHERS のパフォーマーとして知られるELLYがソロアーティスト「CrazyBoy」として、その原点である HIPHOP のコアな音楽性とキャリアに刻んできたPOPスターとしての2面性をバランス良く表現した初の全曲新曲のオリジナル・アルバム『HIP LIFE : POP LIFE』が20日24時から配信スタートする。

 今作では世界を跨ぎ、交友のあるアーティストと楽曲を制作。K-POPの人気グループ「GOT7」で活躍し、ソロアーティストとして「TEAM WANG」を率いる Jackson Wangとの「Damn Girl (feat. Jackson Wang)」や国内からは、JP THE WAVY、MC TYSON、Yo-Sea とのフレッシュな共演が実現。また、安室奈美恵の黄金期を支えた Giant Swing Productions のシンガー・音楽プロデューサーmichicoがEXILE 「Fly Away」をサンプリングした楽曲に参加するなど、注目曲が多数収録されている。

『HIP LIFE : POP LIFE』ジャケ写

 更に、アルバム全体のサウンドプロデューサーに数々の名作を手掛けてきたGiant Swing Productions のT.Kuraを迎えてCrazyBoy が従来のHIPHOPスタイルは勿論の事、シンガーとしての一面も新たに引き出された意欲作となった。サウンド面では、CrazyBoyのLIVE DJ としても活躍する盟友NAKKIDのTRACKも加えた全13曲収録。

 リリース日の1月21日には 「HIP LIFE:POP LIFE」のリリースを記念した「スペシャル LINE LIVE」を開催し、本人によるALBUM解説など深掘りする。

 そして、自らもストリート・カルチャーで育ってきたCrazyBoyが東京からストリート・カルチャーを発信するフリーマガジン「FLJ」に初登場。1月30日発行号の表紙を飾る事が決定した。こちらは、HIPHOPカメラマンとして信頼のCherry Chill Will.氏が撮り下ろした注目のカバーとなった。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)