X JAPANのギタリストとして、ソロアーティストとして日本の音楽シーンに多大なる影響を与え続ける「hide(ヒデ)」。師走に入った12月11日、12月13日の誕生日に先駆けて恒例となっている「hide Birthday Party 2021」が今年も開催された。新型コロナウイルス感染は落ち着きを見せているものの、昨年に続き、今年も無観客・配信ライヴである。

 今年の出演はhideにゆかりのあるアーティストばかりで、お馴染みの顔ぶれ。だが、どの出演者も常に進化し続けるパフォーマンスを見せてくるので、毎年、このパーティーのライヴはとても楽しく興味深い。名曲揃いのhideの楽曲を自分たちなりにアレンジして聞かせてくれたり、オリジナルの楽曲演奏ではバンドの成長を見せてくれる。既に年末の風物詩的なイベントライヴになっているので、「このライブを見なければ年を越せない」と思っているファンも少なくないことだろう。

 オープニングはDJ浅井博章のMCで、今日のラインナップを紹介。バンドのプロフィールやhideとのエピソードなどを説明してくれるので、何の予備知識がなくてもすぐにイベントの雰囲気になじむことができる。DJ浅井の「パーティーの準備はできていますか?」という高らかな声で、ライヴがスタートした。

 トップバッターは、CUTT率いるSPEED OF LIGHTS。宇宙服を着た斬新なビジュアルで、宇宙バンドとして独特の世界観を見せてきた彼らが、今回テーマに選んだのはhideの楽曲からインスピレーションを得た「宇宙犬ラッシーの冒険物語」。自身のオリジナル曲とhideの楽曲を交互に演奏し、映像も交えながら、ラッシーのストーリーを展開していく。暴れるラッシーを表現するのは「D.O.D.」(Drink or Die)、地球に帰る時に演奏するのは「ever free」。hideの楽曲を自分なりの解釈で新しい物語に紡ぎ出すCUTTの自由な発想と、SPEED OF LIGHTSの軽快なロックがとても心地よい空間を創りだしている。「映像とストーリー性があるステージが気に入っているので、来年はもっとやっていきたい」とCUTTが抱負を語った後に、彼らは新曲「Birth Everywhere」を披露。スペイシーでポジティブなこの曲を引っさげて、彼らは来年また新たな一歩を踏み出すのだろう。

SPEED OF LIGHTS

 二番手は今年15周年を迎え、6月にはアニバーサリーライヴを行った4人組heidi.。DJ浅井の「とことん楽しんでいきましょう」という紹介に、メンバーも気合十分に手をたたきながら登場する。1曲目は、2019年にリリースされたハードな曲調の「一瞥」。五弦ベースがたたき出す重いリズムと、どこか懐かしさを感じる叙情的なメロディが、不思議な個性を放っている。デビュー時から演奏力には定評があった彼らだが、15年間国内外でライヴバンドとして活動を続けてきただけあって、円熟味さえ感じる圧倒的なプレイである。ノリのいい「泡沫」では、カメラの向こうで応援してくれているファンに届けとばかりに、義彦(Vo)が「とべとべとべとべ」とhide定番のあおりをシャウト。「今日は配信という形で見てもらっていますが、勝手ながら来年はみなさんと会えるように、heidi.、頑張っていきます」というMCのあと、彼らがラストに演奏したのは、hideの「ピンク スパイダー」。力強い歌声と一体感のある熱い演奏から、彼らの底力が伝わってくるステージだった。

heidi.

 続いて登場したZEPPET STOREは、hideの「FLAME」のカヴァーからスタート。全員が椅子に座って、ゆったりと演奏をしている。hideのアルバムにも参加していたドラムスのYA/NAが、昨年、病気のためドラマーを引退。この日は、エレドラムパッド、ストンプボックス等を駆使して、リズムトラッカーとしてイベント参加となった。そのため、演奏曲はネオアコースティックバージョンのセットリストになっていた。hideが惚れ込んだ声の持ち主である木村世治(Vo)が、ステージ真ん中でアコースティックギターを抱え、柔らかい表情で表現力豊かに歌っている。テンポのゆるい静かな曲が多く、すべてを包みこむようなあたたかな空間が醸し出されている。静かな中にも情熱が感じられるのは、歌詞がしっかりと胸に伝わってくるからだろう。木村も「来年はまた有観客でできることを、楽しみにしています」とMCでいい、ラストの「GOOD BYE」をしっとりと歌い上げた。

ZEPPET STORE

 そして、DJ浅井がひときわ大きな声で紹介したのが、自身も12月12日に誕生日を迎えるI.N.A.(hide with Spread Beaver)そして、PATA(X JAPAN)。ゲストミュージシャンはJOE(hide with Spread Beaver)という豪華メンバーである。I.N.A.がレコードを逆回転させてノイズを発すると、PATAがアコースティックギターを奏で、JOEがパーカッションをたたき始める。曲は「HURRY GO ROUND 」。hide Vocal Take 2のスペシャルバージョンである。スクリーンには、hide、PATA、JOE、I.N.A.が並んでいる懐かしい写真が、映し出されている。I.N.A.がリズムをとりながらDJマシンを操り、PATAがゆったりとギターを弾き、JOEが真剣な表情でパーカッションをたたき、hideの歌声が響く。1曲だけの特別なパフォーマンスだった。

I.N.A.×PATA×JOE

 最後は、hideイベントには欠かせない実力派defspiral。今年の春に行われた10周年記念ツアーを最後にドラムスのMASAKIが脱退したため、この日はJOEがゲストドラマーとして彼らをサポートした。TAKA(Vo)は、「defspiralは3人でやってますが、今日はこの方の力をお借りしてます。正直、ドキドキワクワクです」と、嬉しそうにMC。華やかな演奏を得意とするdefspiralに、派手なドラミングのJOEのプレイはとてもマッチしていて、勢いのあるステージが爽快である。さらに、「子 ギャル」「DICE」とタイプの違うhideの曲を続けて演奏し、自分達の芯はしっかり持ちながら多種多様な楽曲をこなしていく力量も見せつけた。ラストは壮大なミディアムバラード「GALAXY」を演奏し、シンプルながらも骨太なロックサウンドで、ステージを締め括った。

defspiral

 defspiralの演奏が終わった後、TAKAがイベントの全出演者をステージに呼び込む。全員セッションの曲は、「TELL ME」。奇しくも、この日に来年夏公開が発表になった映画のタイトル曲だ。イントロで銀テープが放たれ、ミラーボールが回り、出演ミュージシャンは誰もが笑顔である。「hideさん、ありがとう!」こうして、「hide Birthday Party 2021」は、ハッピーな空気が満ちあふれる中、来年の再会を誓って幕を閉じた。

「hide Birthday Party 2021」

 ライヴが終わった後、配信では「ROCKET DIVE」「ピンク スパイダー」「ever free」3曲のスペシャルバージョンのMVが流れた。3曲共、世の中に出ているMVとは違う、アザーカットで構成されているという凝り方。こんなところからも、お客様を喜ばせるために常に120%の努力を惜しまなかったhideのスピリッツを感じることができる。最後に、配信視聴者へ、「2022年、延期されていたhideメモリアルプロジェクトが再び狼煙(のろし)をあげます」というメッセージが流れた。

 その大きな柱である映画『TELL ME ~hideと見た景色~』が、2022年夏に公開されることが発表された。(配給:KADOKAWA)当時、hideのパーソナルマネージャーを務め、現在はhideオフィシャルマネジメント事務所の代表を務める実弟・松本裕士による物語を映画化。松本裕士著「兄弟 追憶のhide」(講談社文庫刊)をもとに、主人公である弟・ヒロシがhideの共同プロデューサー I.N.A.とともに、hideが遺した音楽を世に送り出すまでの軌跡が描かれる。

『TELL ME ~hideと見た景色~』キービジュアル

 監督は、「ドラゴン桜」(05)、「時効警察」シリーズ(06-07/19)、「都市伝説の女」(12-13)ほか数多くの人気ドラマの演出を手がけ、『着信アリ2』(05)、『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(08)、『今日も嫌がらせ弁当』(19)、『僕と彼女とラリーと』(21)など映画でも活躍中の塚本連平氏。

 12月13日hideの誕生日に先立ち、NYと東京を拠点に活動し、Instagramフォロワー27.8万人を誇る人気イラストレーター、目黒ケイ氏が手がけたhideのイラストを使用した、hideビジュアルも初解禁された。詳細は公式サイトで随時公開される。

 「hide Birthday Party 2021」の模様は12月12日(日)18:00〜12月19日(日)23:59までアーカイブ配信される。

 そして、色褪せることなく「現在進行形」で輝き続けるhideの最新情報にも引き続き注目していきたい。(文:大島暁美)

配信情報

『hide Birthday Party 2021』アーカイブ

<出演>※アルファベット順

hide/defspiral+JOE(hide with Spread Beaver)/heidi./I.N.A.(hide with Spread Beaver)/PATA(X JAPAN)/SPEED OF LIGHTS/ZEPPET STORE

【アーカイブ配信】視聴チケット発売中
2021年12月12日(日)18:00〜12月19日(日)23:59まで

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)