かめがいあやこ(Key/Vo)、かわむら(Dr)による“超セカイ系”ポップ・バンドのポップしなないで(ポしな)が9月20日、東京・渋谷WWW Xでワンマンライブ『ポップしなないでpresents「作戦会議」』を開催した。約半年ぶりとなったワンマンライブは、「魔法使いのマキちゃん」や「エレ樫」などアンコール含め全19曲を披露。このライブの模様を以下にレポートする。【取材=村上順一】

全てが報われました

 SEの蝉の鳴き声がライブハウスに響くなか、夏の終わりを感じながら2人の登場を待ち侘びるオーディエンス。開演時刻になり、ゆっくりと会場は暗転。

 どんなオープニングで始まるのか、期待が高まるなか、4つ打ちのシンセキックが響く。マニピュレーターのミツビシテツロウに続いて、かめがいあやことかわむらの2人がステージに登場。ステージは赤のライトに照らされるなか「Sunset」でライブの幕は開けた。これまでのポしなの雰囲気とはまた違った異質な曲だ。無機質なシンセキックにかわむらの生きたハイハットの融合、かめがいによるシリアスな歌声と序盤から攻めの一面を提示。鬼気迫るかめがいの歌から生ドラムが加わる瞬間はゾクっとさせるものがあった。

かめがいあやこ


  
 続いての「夢見る熱帯夜」から津田とばり(Gt)とカワノアキ(Ba)も加わり、バンドスタイルでの演奏で魅せる。緊張と緩和を感じさせる構成だ。間奏でメンバー紹介を挟み、テンションの高い演奏と歌で届けた。さらにグルーヴィーで中毒性のある「前頭葉」から、チルアウトする聴かせるナンバー「Life is walking」へ。かめがいの歌声に温かいエレピの音色が寄り添い、かわむらの緩急をつけたビートで楽しませる。

かわむら

 この「作戦会議」を行うための作戦会議が大変だったと話すかわむら。しかし、「この日集まったお客さんの姿を見たら、成功間違いなしでしょう」と確信。かめがいも「全てが報われました。本当にありがとう」と、観客に感謝を伝えた。

 かめがいが「今日はみんな楽しんで下さい」と投げかけ、「tempura」を披露。抒情的なピアノのイントロから、心地良いビートが体を揺らす。そして、「クラヤミライダー」は再び打ち込みと生音の融合で、クールなサウンドで展開。要所で聴ける“ラララ”のコーラスがアクセントになり、シリアスな歌とのコントラストでドラマチックに響かせた。

 音楽性の幅を見せてくれたライブは中盤戦へ。「魔法使いのマキちゃん」、「Creation」、サビでは観客も手を掲げ一体感を高めた「救われ升」と人気曲を立て続けに披露。なんとも密度が濃いセクションだった。

 MCでは、ここ何年かで音楽をやめていく仲間もいたと話すかわむら。その寂しさを感じながらも、音楽を辞めたことで人生の重みが変わるわけではないと気づいたという。その中で今も変わらず音楽を続けられていることに「俺たちは頑張っているぜ」という気持ちが芽生え、その想いを綴ったという7月に配信リリースした「SG」を披露。MCも相まってグッと胸に響く演奏だった。

ステージに立って演奏することは嘘をつけない

ポップしなないで

 再びサポートメンバーを呼び込み、ミディアムナンバーの「UFO surf」を演奏。“ポしな流ネオソウル”(※コンテンポラリーR&Bのサブ・ジャンルの一種)を感じさせるアレンジで、心地よい空間を作り出した。ロックナンバー「city pops」に突入。タイトルとはギャップのあるこれまた一筋縄ではいかない、ポしならしさが溢れたライブ映えする1曲だ。

 「でも暮らし」は2人に加えてベースの3人でパフォーマンス。スリーピースのサウンドによるまた一味違う趣きでダイナミックなアレンジで聴かせてくれた。続いて、「支離滅裂に愛し愛されようじゃないか」では、津田とばりとミツビシテツロウも呼び込み、フルバンド編成による鮮やかなサウンドで魅了した。

 最後の曲を届ける前にかめがいは「嘘のないものに憧れるし、自分もそうありたいなと思いたくなる。ステージに立って演奏することは嘘をつけないです。そういう場所は本当に大切で、自分たちが何をしたくてここに立っているのか、そんなことを皆さんの顔を見ながらすごく感じながら演奏していました。みんなの顔を見て勇気づけられて、こんなに素敵なステージで演奏させていただけることをこんなに嬉しく思えるんだな、と心から感謝しています」と想いを伝え、ライブもラストスパートへ。

かめがいあやこ

 「2人のサマー」はギターをフィーチャーしたアレンジで披露。水しぶきが弾けるようなコーラスも耳に残る。アウトロを演奏しながらサポートメンバー、かわむらの順に一人ずつステージを後にすると、残ったかめがいが弾き語りで届けた「記憶」。クラシカルな要素も含んだ楽曲は、このライブのエピローグのように歌と音が紡がれていく。心を癒すような余韻を残した。

かわむら

 アンコールの手拍子に応え、再びステージに登場した2人。ワンマンでは恒例のグッズ紹介に続いて、12月8日にミニアルバム『美しく生きていたいだけ』をリリースすることを発表。さらに来年、ミニアルバムを引っ提げたツアー『美しく生きていたいだけツアー』を開催することも発表された。ツアーファイナルは3月27日に恵比寿リキッドルームで行う。ファンには嬉しい発表から、「エレ樫」、「丑三キャットウォーク」でワンマンライブ「作戦会議」は大団円を迎えた。

 生の音に包まれている、そんな感覚を強く得たステージ。そして、新しいサウンドアプローチも垣間見せ、常に進化していくポしなを感じながら、ミニアルバムとそのツアーへの期待も同時に高まった。停滞することなく前へ進み続けていく2人のサウンドはこの先、何を見せてくれるのか楽しみだ。

セットリスト

『ポップしなないでpresents「作戦会議」』

9月20日@渋谷WWW X

01.Sunset
02.夢見る熱帯夜
03.前頭葉
04.Life is walking
05.tempura
06.クラヤミライダー
07.魔法使いのマキちゃん
08.Creation
09.救われ升
10.SG
11.フルーツサンドとポテサラ
12.UFO surf
13.city pops
14.でも暮らし
15.支離滅裂に愛し愛されようじゃないか
16.2人のサマー
17.記憶

アンコール

EN1.エレ樫
EN2.丑三キャットウォーク

ライブ情報

◼︎ポップしなないで presents「美しく生きていたいだけツアー」
2/26(土)福岡:UTERO
 開場17:00/開演17:30
3/5 (土)仙台:spaceZero
 開場17:00/開演17:30
3/12(土)大阪:DROP
 開場17:00/開演17:30
3/13(日)名古屋:CLUB UPSET
 開場17:00/開演17:30
3/27(日)東京:LIQUIDROOM ※ワンマン
 開場17:00/開演18:00

※東京以外は対バンあり

◼︎チケット
東京以外:3500円(+D代)
東京:4000円(+D代)
https://eplus.jp/popsnnide/

プレオーダー先行:10/15(金)18:00~10/31(日)23:59
一般発売:2022/1/29(土)10:00~

※政府のガイドラインに基づき、お客様に安心してご来場いただけますよう開催準備を進めて参ります。
ご来場の皆様のご理解、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)