山崎紘菜

 新田真剣佑、山崎紘菜、鈴木伸之、渡邊圭祐、松山ケンイチが12日、都内で、映画『ブレイブ -群青戦記-』(本広克行監督)公開初日舞台挨拶に臨んだ。

 【写真】和風ドレスの山崎紘菜。ドレスの後ろはぱっくり開き美背中が露に

 集英社『週刊ヤングジャンプ』で、異色の「部活×青春×歴史」作品として熱狂的なファンを獲得したコミック『群青戦記 グンジョーセンキ』の実写映画。戦国時代にタイムスリップした高校生アスリートたちが、仲間を守るために生死を賭けた戦いの中で成長していく姿を描く。

 新田真剣佑が演じる主人公・西野蒼を支える、幼なじみであるヒロイン・瀬野遥を演じた山崎紘菜。戦国時代にタイムスリップする物語に合わせてか、鶴柄をあしらった黒の和風ドレス姿で登壇した。大胆に開いた背中からは美しさものぞかせた。

 これまでの舞台挨拶でも主要キャストの仲の良さは伝わっていたが、この日も仲睦まじい様子がうかがえた。新田も「現場ではとにかくずっと笑顔」、鈴木は撮影終わりに皆で食事に出かけたと明かし、渡辺も「いつでも楽しかった」と振り返っていた。

 部活のアスリートが戦に臨むということから、キャストは「部活のように団結していた」と過去にも明かしていたが、山崎はそんな現場を学生時代の“青春”のように大切な思い出になったと以下のように語った。

 「撮影や宣言で毎日のように会っていて、でも公開を迎えて終わりかと思うと寂しい気持ちです。学生時代の記憶は体の中に巡っていてそれを思い出すと笑顔になれる。『ブレイブ』の撮影は私にとってそうで、思い出すと勇気になれる。素敵なキャストと出会わせてくれて、素敵なプレゼントを頂きました」

和風ドレスで舞台挨拶に臨んだ山崎紘菜

 また、作品の裏テーマが「継承」だったことからキャストが受け継いだものを明かす場面では、蒼の幼馴染で剣道部の主将、松本考太を演じる鈴木伸之(劇団EXILE)からサウナを奨められ、試したことも。

 更に、撮影現場は食事にこだわりがあったことから、それに感化されて真剣に具材を選ぶようになり「食いしん坊になりました。ヒロインなのにまんまと太った」と笑っていた。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)