熊本出身のEXILE NESMITHがVJを務める音楽番組「NES-FES.」から誕生した熊本応援ソング「さるこうよ」のミュージックビデオのフルバージョンが31日、YouTubeで公開された。

【動画】公開された「さるこうよ」フルバージョンのMV

 この楽曲は、NESMITHが熊本地震からの復興の最中にある故郷・熊本を歌で元気にしたいという想いから「HIGO-UTAプロジェクト」を立ち上げ、同じ熊本出身のシンガーLeolaと中田裕二に声をかけ、3人で制作したオリジナルソング。新型コロナウイルスの影響でなかなか会えない中、リモートで打ち合わせを重ねて楽曲を制作したという。熊本弁や熊本の地名が散りばめられた歌詞とどこか懐かしさが漂う楽曲に仕上がっている。

「さるこうよ」下通アーケード

 熊本弁で「歩こうよ」という意味を持つ「さるこうよ」。昨年10月に熊本でMVの撮影を行い熊本地震から復興中の熊本城をはじめ、熊本市電や上通・下通アーケードなど熊本県民馴染みの場所を3人が"さるいて"撮影を行っている。コロナ禍で不要不急の外出自粛が呼びかけかれる中、故郷への帰省や観光地への旅行が厳しい今、ミュージックビデオから熊本の風景や街並みをみて、自宅にいながらリモート帰省や旅行気分を、ミュージックビデオを通して体感できる。

「さるこうよ」熊本市電内

 さらに「さるこうよ」誕生までの制作過程を追いかけた特別番組『NES-FES.スピンオフ HIGO-UTAプロジェクト~熊本に歌でエールを!「さるこうよ」誕生までの軌跡~』(TKUテレビ熊本にて昨年末OA)が、2月1日よりTVer/FODで配信されることも決定している。

 また、今回の配信による収益(一部経費を除く)は、熊本地震・熊本豪雨で被災された方々を支援するために「日本赤十字社熊本支部」に寄付される。

NESMITHコメント

EXILE NESMITHです。

 僕がメインMCを務めている、地元熊本で放送されている深夜の音楽番組「NES-FES.」
番組内で同じ熊本出身のLeola、中田裕二さんと制作した「さるこうよ」のMVがいよいよフル尺で解禁されます!

 そしてそれに合わせて、昨年末に熊本でのみ放送された「さるこうよ」の制作過程を追った特別番組もTver・FODでの配信が決定しました!

 熊本もこの数年、震災や水害、そしてこのコロナ禍という状況もあり、自分達が出来る形で皆さんを元気に笑顔にしたいという想いから熊本を離れながらもそれぞれの熊本愛を歌詞や音楽に詰め込んだ作品です。

 熊本の街並みや方言、熊本人の県民性も感じてもらえるので、熊本出身者はクスッと笑えたり、県外の方にも今の熊本を知ってもらえるきっかけになればと思っていますので、是非、MVと併せて配信になる特別番組もご覧いただけたら嬉しいです!

 沢山の方に熊本の魅力が伝わっていきますように!

 皆さん、ぜひよろしくお願いいたします!!

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)