新田真剣佑

 新田真剣佑、山崎紘菜、鈴木伸之(劇団EXILE)、渡邊圭祐、本広克行監督が14日、都内のホテルで映画『ブレイブ ‐群青戦記-』(21年3月12日)の製作報告会見に臨んだ。

 集英社『週刊ヤングジャンプ』で、異色の「部活×青春×歴史」作品として熱狂的なファンを獲得したコミック『群青戦記 グンジョーセンキ』を実写映画化。戦国時代にタイムスリップした高校生アスリートたちが、仲間を守るために生死を賭けた戦いの中で成長していく、高校生VS戦国武士の「異色」のアクションを描く。

 新田真剣佑は今作が初の国内映画単独主演で、主人公で弓道部の西野蒼役を演じた。見どころの一つともなっているのが、部活生がそれぞれの特技を生かして戦うシーン。「誰もスタントを使わずに全員がアクションをしています。撮影の数カ月前から一丸となって練習して、個々の部活だけど大きな部活のようで。みんなでやった作品、空気も良く楽しく撮影できました」と振り返った。

 松平元康を演じるのは今年7月に他界した三浦春馬さん。新田は、役者を志すきっかけをくれたのは三浦さんだったと明かし、「すごく光栄。この映画で一緒に出来たのはすごく嬉しかった。監督にも感謝しています。ありがとうございます」。

 三浦さんとの撮影を振り返り、「一緒にお芝居をしていて、あの頃の自分はどう思ったのかな。すごく幸せな体験をさせて頂きました。夢であった共演もできましたし、たくさんたくさんこの作品で色んなことが出来ました。僕の役者人生で大切でずっと忘れることなく、宝物です」と感慨に触れ、「大好きな春馬さんの最高の姿がこの映画で見られると思います」と語った。

製作報告会見に臨んだ本広克行監督、鈴木伸之(劇団EXILE)、新田真剣佑、山崎紘菜、渡邊圭祐

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)